【ゲンダイ】セ監督がヤクルト村上に「弟さんの指名を考えてる」指名なく「裏切られたような心境に」





【ゲンダイ】セ監督がヤクルト村上に「弟さんの指名を考えてる」指名なく「裏切られたような心境に」

xxx

ヤクルト村神様を怒らせた!弟の指名を“匂わせ発言”したセ球団監督の勇み足【2022年スポーツ界 書けなかった話】

 育成選手の指名に入っても、名前が呼ばれることはなかった。10月のドラフトで指名漏れの憂き目にあった、熊本・九州学院の村上慶太(18)。今季、日本人最多のシーズン56本塁打を放ち、史上最年少で三冠王を獲得したヤクルトの村上宗隆(22)の弟である。

「風貌や打撃フォームが兄の宗隆にうり二つで、サイズも身長190センチ・体重100キロと超高校級。ただし、高校通算52本塁打だった兄に対して、慶太は通算7本。パワーと技術が足りず、当初からドラフト指名の当落線上とはみられていました」

「シーズン中、ヤクルトの村上に『弟さんの指名を考えている。うちのスカウトの評価も非常に高い』と関係者を通じて弟の指名を確約するようなことを言った、セ球団の監督がいたといいます。弟のプロ入りに半信半疑の思いでいた村上も喜んだそうです。事実、実績はそれほどなくても、あの体があればプロで鍛えればモノになるという声が複数球団から出ていましたから。期待して当然。村上兄弟にしてみれば、話が違う、と裏切られたような心境になったのではないか」(放送局関係者)


続きを読む
Source: ホークス速報
【ゲンダイ】セ監督がヤクルト村上に「弟さんの指名を考えてる」指名なく「裏切られたような心境に」