【アクシデント】西武源田壮亮、自打球が右足甲付近に直撃し倒れ込む 打席戻るも守備から交代





【アクシデント】西武源田壮亮、自打球が右足甲付近に直撃し倒れ込む 打席戻るも守備から交代

西武源田壮亮内野手(29)は自打球で交代を余儀なくされた。 3回2死の打席。カウント1-2からの4球目。自打球が右足甲付近のスパイク部分に直撃した。不幸にもレガースのない部分。そのまま倒れ込んだ。苦しみの表情を浮かべ、ベンチに下がった。…
Source: 日刊スポーツ
【アクシデント】西武源田壮亮、自打球が右足甲付近に直撃し倒れ込む 打席戻るも守備から交代