【驚愕】これな!岡田彰布さん、阪神が今後逆襲するために必要項目を発表してしまう





【驚愕】これな!岡田彰布さん、阪神が今後逆襲するために必要項目を発表してしまう

岡田 彰布(おかだ あきのぶ、1957年11月25日 – )は、大阪府大阪市中央区出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)・監督・コーチ。阪神タイガース第30代監督を務めた。 現在はデイリースポーツの野球評論家、読売テレビ・朝日放送・東日本放送(本数契約として)の野球解説者を務めている。
76キロバイト (10,843 語) – 2022年5月3日 (火) 05:24

(出典 www.sbrain.co.jp)
今日は勝つ!

150 名無しさん@恐縮です :2022/05/04(水) 18:01:46.81

まずロッテの佐々木朗希について。高卒3年目で完全試合を達成した。これもすごいのだが、中身がエグかった。13者連続三振で、1試合19奪三振。腰を抜かしそうになったけど、これだけで終わらないのが、この若者のケタ外れの能力だ。続く登板で8回まで「完全」を続けた。ところが9回、井口(井口資仁)監督は交代を告げた。試合は0対0の同点。もし9回も投げ切っても、同点のままなら完全試合とはならない。あくまで参考記録となる。

 井口監督は同点だから……ということもあり、交代を決断したのだろうが、この判断、よかったのではなかったか。1点でもリードしていたら続投。オレなら、そうしていた。そして、佐々木朗なら、また(完全試合を)やってのけられる。そんな思いがベンチにあったと思う。ホンマ、すべてに次元の違いを見せてくれた。

 問題はここから。サンデー朗希が予定どおりにマウンドに立った。4月24日のオリックス戦(京セラドーム)。ところが、いきなり先頭打者にヒットを浴びた。これで記録は途絶えた。そして野球ファンを騒がせた問題の光景が……となる。

 オリックス安達(安達了一)に投じた1球は微妙なコースに収まった。これがボールの判定。佐々木朗はエッという表情に・・・

続きを読む
Source: 虎チャンネル
【驚愕】これな!岡田彰布さん、阪神が今後逆襲するために必要項目を発表してしまう