【驚愕】うわぁああああああああ・ 阪神近本、いい働きを見せてしまう





【驚愕】うわぁああああああああ・ 阪神近本、いい働きを見せてしまう

近本 光司(ちかもと こうじ、1994年11月9日 – )は、兵庫県淡路市(旧津名郡東浦町)出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。阪神タイガース所属。 セントラル・リーグの新人最多安打記録保持者(159安打、2019年)。プロ野球史上2人目の新人から2年連続盗塁王獲得者。
39キロバイト (4,884 語) – 2022年4月26日 (火) 22:02

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)
マジか!

50 名無しさん@恐縮です :2022/05/01(日) 17:14:25.77

(セ・リーグ、巨人1ー8阪神、9回戦、阪神5勝4敗、1日、東京ドーム)阪神が15安打を放って快勝した。東京ドームで巨人相手に同一カード3連勝は和田豊監督時代の2013年5月6~8日以来。先発・西純矢投手(20)が7回1失点で、昨年5月19日のヤクルト戦(甲子園)以来となるプロ2勝目を挙げた。6連勝を飾った矢野耀大監督(53)の一問一答は以下の通り(チーム成績10勝20敗1分、観衆4万128人)。

(テレビインタビュー)

ーー同一カード3連勝で、6連勝です

「ハイ、嬉しいです」

ーー立役者は西純

「これからの試合が楽しみなピッチングを見せてくれましたし、ジャイアンツ相手に、こういう投球ができるので、どのチームにも純矢のボールが通用するのを証明できた。本当に楽しみなピッチングでした」

ーー若い力が出てきた

「まだシーズン、いっぱい残っていますし、たまたまじゃないという投球だったので、楽しみです。どこまで行ってくれるか。一緒に見ていきます」

ーー打線が爆発

「ちょっと調子が上がっていない梅野とか近本、糸原とかに、いいヒット、複数ヒットも出ましたし、チーム全体としても、連勝は大きいですし、勝ち方もすごく、これからにつながると思います」

ーー糸原が今季初の4安打(八回1死満塁から2点打)

「苦しんでいましたけど、4本とも、しぶとく、健斗らしいバッティングでしたし、本人もなかなか乗っていけない中で、モヤモヤしていたと思いますが、今日を機会に吹っ切って、またバットでも声でもチームを引っ張ってくれているので、また頑張ってくれると思います」

ーー代打糸井が大きな一打

「本当に嘉男も体にムチ打ちながらやってくれていますし、こういうところで、いいところで一本というのが嘉男らしくて、最高の一本だと思います」

ーーどんなゴールデンウイークに

「ビッグウエーブにしていきたいですし、5月はいいスタート切れたので、いい形で甲子園に帰れる形を全員で作れたので、本当にビッグウエーブにしていきます」

(囲み取材)

ーー西純の評価できる部分は

「ショートアームって感じにして、角度がすごくついていたし、スピードガンも球が、スピードガンの速さも出ているけど、それ以上に角度がついたんで。そういうところでバッターが速く感じているのもある。空振りとかファウルとかが取れるようになっている。だからフォークも効く」

ーー終盤も球速は落ちていなかった

「球数(91球)もね、そこまでいってなかったし。展開によっては、まだいけるような場面やったけど。インタビューでも言ったけど、相手が誰でも、今の純矢ならしっかり抑えられる部分が見られたので本当に楽しみが増えた」

ーー去年との違いは

「投げっぷりは元々いいと思うけど、それがやっぱり、自分の手応えがあったり、抑え方であったり、球数が少ないっていうことは決め球で一発で決められたり、カウントが有利にできていたり、それはそういうことにつながっていると思う。投球テンポも良かったし、全て成長を感じる」

ーー次も?

「もちろん、外す理由がない」

ーー六回は逆転せずに西純の打席に回れば

「もちろん準備はしていたけどね、球数も少ないし、あのピッチングやったら行かしたいというのが前提で思っていたけど、状況によっては、というのは一応、頭にはあったけど、ほぼほぼ行かすつもりではいたんで」

ーー打線は第2戦に続き、六回の3回りあたりから対応

「本当はもっと点が取れた方がいい。高橋だってすごくいいかっていうと、まあ状態的には普通かなと思っていたから。早く点を取れたことに越したことはないから。有利に展開としては行きたいところやけど。でもそういう中でも、一気に持っていく流れをみんなで作った。俊のバント(八回無死一、二塁で犠打成功)とか、ヨシオのタイムリー(1死満塁から2点打)とか、島田の出塁とか、あとヤスもスタメンで出て全員がこう絡んでいるんでね。そういうところがまたムードが良くなっていくところかなと。またリュウも一本出たんでね。こういうふうにつながってくれたらなって」

ーー近本(3安打)、糸原(4安打)にも当たりが戻ることで、攻撃のバリエーションも増えてくる

「まあ、そうやね。今は打順もなかなか固定できないような状況やけど。まあ、でも、みんなの調子が上がってきたら、また嫌な打線が組めるようになるし。チカが出てケントがしぶといバッティングっていうのは、うちにとっても大きなことなんでね。ケントもね、最後にもう1本打って4本出たんで。内容も全部よかったし、チカも3つね。やっぱりどうしても数字も気になってくるのも仕方のない部分。そういうところでも明日以降につながるようなヒットがみんな、打てたんじゃないかな」

ーー敵地での3連勝を含めた6連勝

「まあ、粘り強くいきながらね。まずは先発のみんなが粘ってくれたのがもちろん大きかったし、ガンガン、ホームランを打ってというチームではまだないんで、そういうところでは先発投手が頑張ってくれたというのがうちの野球やし。後からいくピッチャーもしっかり投げてくれているんで、そこは大前提としてありながら、どう点を取っていくかで、こういうつなぐとか足も使えたし、そういうところがうちの野球だっていうのがもう一回、敵地でできたのは今後に大きいかなと思います」

続きを読む
Source: 虎チャンネル
【驚愕】うわぁああああああああ・ 阪神近本、いい働きを見せてしまう