2巡目 村松開人 内野手 明治大





2巡目 村松開人 内野手 明治大

直前の情報通り、
即戦力の二遊間を2巡目で指名。
そして、友杉選手ではなく村松選手でした。

バババ評価でもお分かりの通り、
個人的には嬉しい方の結果です。
内藤鵬選手は残念ながら縁が無かったですね。

村松選手はショートも守れるようですね。
明治大のチーム事情でセカンドを守っていた。
大学№1は友杉選手ですが、村松選手の守備力も高く評価されています。

そして、攻撃力。
まず左打ちの俊足という大きなアドバンテージ。
長打力には劣りますが、走力も大きな攻撃力になります。
打ち方も教科書のような綺麗なスイング。
軸がしっかりあって体が投手側に流れずホーム側にも折れない。
これがまず、
負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと
と同じくらい1番大事。
そして、構えで左肘を上げ脇を空けて最短距離でバットが出てきます。
岡林のようにピンとは伸びきっていませんが、
テイクバックで右腕もしっかり伸びて率が残せそうです。
いかにも立浪監督が好きそう。
言っていることは本当に同感で正しいと私は思っています。
捕手としてパッと相手を見て判断しなくてはならない時、
嫌なバッター=良いバッターですから。
それにバッチリ当てはまるタイプです。
もちろん長打力があるのも嫌なタイプですが。

先に書いてしまうと、
今年指名した野手は全員軸がしっかりしています。
これは立浪監督の考えが反映されたのかなと推測します。

さらに、村松選手は名門明治大の主将。
これも大きなプラスポイントです。
もちろん、プレーで貢献してくれればいいのですが、
人間性も良いに越したことはありません。
春は故障で裏方に徹し、チームはリーグ優勝。
もちろん悔しさもあったでしょう。
色々なチーム改革も実行してきたそうで、
そういった経験が今後生きないわけがないし、
それができる人間力も大きな魅力です。
風貌もやってくれそうな雰囲気を醸し出してます。
前田智徳さんの現役時代を連想させます。
今はおしゃべりな良い人ですが。

即戦力先発型の1巡目が柳投手以来でしたが、
即戦力内野手の2巡目も同じ年の京田選手以来です。
内野手の争いがこれで激化しますね。
村松選手だけでもそうなのですが。

楽しみです。

ポチ感謝です
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ



Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)
2巡目 村松開人 内野手 明治大