近藤、卒業FA(?_?)





近藤、卒業FA(?_?)

ついに近藤がFA権を行使するようだ。通算打率.307の安打製造機はFA市場の目玉になるらしい。

しかし、その話は本当だろうか?これまでかなりの選手がFA権を行使して、実力以上の年俸を手に入れた半面、額面通りの活躍した選手は稀だ。

近藤は果たしてどるなるのか? ちょっと過去のハム選手を辿ってみよう。

1995年河野→巨人
2001年片岡→阪神
2006年小笠原→巨人
2009年藤井→巨人
2010年森本→横浜
2013年鶴岡→ソフトバンク
2014年大引→ヤクルト
2014年小谷野→オリックス
2016年陽→巨人
2017年大野→中日
2017年増井→オリックス

国内移籍だけを挙げてみたが、小笠原くらいしか活躍していないことがかわる。

森本、鶴岡、大引、小谷野、陽、大野は、フロントからFA行使に仕向けた気もする。陽の場合など、完全にファイターズの「卒業」とまで言ってのけた。

小谷野は怪我明けの起用法(復帰しても近藤を使っていた)、大引も起用法に不満をタラタラ述べていた。鶴岡の時は大野、大野の時は清水優先の影がチラついていたのを本人が嫌がってFAしたように見えた。

しかし、鶴岡も大野も、活躍は皆無だった。大野の場合は、打力が劣るのにセ・リーグになんて行ったら苦労するぞ!と当時から指摘していたら、その通りになった。

増井も起用法の不満で、クローザー希望を受け入れたオリックスに移籍した。それも4年契約で。結果は最初の2年だけそこそこ投げた。増井が不在でもチームは連覇したので、増井が不良債権として叩かれる様子はなかったが、今季戦力外を受けた。

ただ近藤は、彼らに比べて年齢も若く、ピークを過ぎた選手ではないかもしれない。しかし、近藤は今季も故障離脱したように身体が強くない。腰の手術も経験している。

それなのに他球団の評価を聞いてみたいのだから、たぶんロッテか西武に移籍するのだろう。

今季の年俸は推定2億5500万円。ファイターズでも3億までなら支払うかもしれないが、他球団はそれを上回る提示をするだろう。しかし、それだったら万波や清宮の覚醒に賭けた方が夢がある。

他球団でのプレーを希望する選手を裏切り者とはまったく思わない。お金で動くのもプロの仕事だ。ただ、FAバブルで高額を得るとその反発も強いので気を付けてね!と言ってあげたい。

だって、過去のプロ野球選手たちが大勢、大失敗しているのだから。

お金とエスコンフィールドでのプレー。どっちを取るのか楽しみだ!

 にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


Source: ファイターズ魂
近藤、卒業FA(?_?)