立大2連敗で優勝可能性が消滅 溝口監督「あらゆる面で弱さというか、タフさに欠けた」





立大2連敗で優勝可能性が消滅 溝口監督「あらゆる面で弱さというか、タフさに欠けた」

立大が逆転負けで2連敗し、優勝の望みが消えた。 2回に西川晋太郎内野手(3年=智弁和歌山)の2ランで先行も、先発の池田陽佑投手(3年=智弁和歌山)が5回途中に足のけいれんを訴え、そのまま降板。中継ぎ陣も踏ん張れず、7、8回に計3失点して…
Source: 日刊スポーツ
立大2連敗で優勝可能性が消滅 溝口監督「あらゆる面で弱さというか、タフさに欠けた」