補強ポイント、今年の大観





補強ポイント、今年の大観

続々と1位指名を公言する球団が出てきています。
ドラゴンズは立浪監督が「公言しない」と発言。
ただし、「今のところ」という言葉も付けています。
公言するメリットは分かっているけれども、
まだ決まっていないし、当日まで決まらないだろう。
ということでしょう。
今年はそれでいいんじゃないかと思います。
公言されたらブログのネタも減ってしまいます。
目玉のいないドラフトでは、
公言した方がメリットが大きいのでしょう。
個人的には公言されようが欲しいなら被せにいくと思いますが。
石川昂もそうでしたよね。
イヒネも、3位で狙っていたチームが、
「1位で出し抜かれるところだった!あっぶね!」
と突っ込んでくるのでは?
と思ってしまいますが、当事者としてはやっぱり
突っ込んで外すリスクは相当高いのでしょう。
そう考えると、菅野に突っ込んだのは凄い事ですね。

さて、ドラゴンズの補強ポイント。
監督の発言も色々とありますが、
『全部』でしょう。
打力が弱点なのは明白で、しかも先発が苦しくなった時期もあった。
そりゃあもう全部です。
良い選手を獲るだけです。

でも、さすがに昨年極端なドラフトをして、
絶対数で投手が少ない。
数としては投手が多くなるでしょう。
しかし、近年のドラフトは野手の指名順位が高い傾向。
これも考慮しなければなりません。
1位公言された4人も二刀流含めて全て野手です。

ドラゴンズは近年、高卒が順調に育っている印象で、
そこも継続して狙っていくべきです。
こちらも今年は目玉がいないのでスカウトの評価に注目です。

その辺を頭に入れて、
候補に挙げた選手からあれこれ話をして楽しんでいきましょう。

ポチ感謝です
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ



Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)
補強ポイント、今年の大観