【西武】松井新監督就任濃厚&組閣始まる。





【西武】松井新監督就任濃厚&組閣始まる。

来季のライオンズは、既定路線であった松井稼頭央新監督となりそうです。



そのために呼んだ、平石打撃コーチをヘッド格に据えてシーズンを戦う見込みです。

辻監督は、打線は松井、平石コーチに、投手は豊田コーチに采配を任せていたとの事ですので、松井、平石、豊田コーチが残留となれば、選手起用に関しては大きくは変わらなそうです。

ただ、攻守の要である森友哉選手のFAが濃厚、さらに辻監督が築いた、鉄壁の二遊間を担う外崎選手もFA移籍の可能性があるため、チームを作り直すつもりで考えなくてはなりません。

松井ヘッドの采配に関しては、ファームでは2連連続で最下位でしたが、1軍ではまだ未知数です。ライオンズは1、2軍の連携があまり上手くないので、2軍監督をやっていた経験を活かして、入れ替えを上手くやってもらいたいです。

また、作戦面は平石コーチが担うと思いますが、今季は打線が機能しなかった事もあり、本当はテコ入れしたい所です。

個人的には、巨人のコーチ入りが報道されましたが、デーブ大久保氏に入閣してもらい、打線の立て直しを担ってもらいたかったですが残念です。

来季のライオンズの首脳陣はだいぶ若返りそうですので、その若さを活かして、柔軟な頭で選手起用、作戦を立てたいです。

プロ野球には様々なデータがありますので、データアナリストなどを活用して、適切な打線、作戦を立案してもらい、コーチはそれを実行出来るように選手とコミュニケーションをとってもらう形が良いのではないかと思います。

新体制に不安もありますが、良いニュースもありました。

今季で現役引退となった、内海投手兼コーチが2軍投手コーチに就任予定です。

現役時代から若い選手たちからの信頼も厚く、指導力も一目置かれていました。

今季、来季は野手の主力がFAとなりますが、それが過ぎれば今度は投手にもFAの波がやってきます。

ライオンズは流出の多い球団ですし、次世代の投手育成は必須ですので、1人でも多くの投手を育ててもらいたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


Source: 埼玉には何もない。
【西武】松井新監督就任濃厚&組閣始まる。