濡れるも嬉しいカープロード❗





濡れるも嬉しいカープロード❗

IMG_2283

やはりカード頭に大瀬良を持って来たのは効果的でした

九里亜蓮と共に、投手陣の中心にいる大瀬良が復活の7回無失点をみせると、

若い遠藤もその先輩にならって、見事な7回無失点

しかも、先輩を凌ぐ無四球、5奪三振、被安打4の無失点

やはり、今日は遠藤淳志のピッチングに尽きますね。

・・・・・

初回の遠藤は少し球が浮いているように思いましたが、高めのストレートで押し込んで、三者凡退の立ち上がり。

IMG_2290

2回には、いきなり先頭の4番牧にレフト西川のグラブを弾くツーベースを打たれてピンチを迎えますが、5番宮﨑に仕事をさせなかったのが大きかった。

宮﨑は1-2と追い込まれてから、明らかな進塁打を狙ってきましたね。

そんなところが、やはり強い、いいチーム。

結果的にはピッチャーゴロとなり、進塁を許しませんでしたが、その意識ですよね。

IMG_2292

思えば、カープも三連覇時代は、そんな事を強く意識するチームでした。

今はDeNAにいる、タクローの元でね。

意味のあるアウト、意味のある凡打、タイムリーが出なくても得点する方法はある。

今シーズンから加入した外国人であるマクブルームにそれを求めるのは酷ですけど、もしチーム全体としての意識が高ければ、マクブルームの意識もまた変わるでしょう。

3回表、ピッチャーの石田に浮いたチェンジアップをヒットにされましたが、しっかり4凡。

IMG_2306

遠藤は、ゲームをしっかり作っていきます。

すると、その裏のカープの攻撃

先頭の8番磯村ヒットで出塁すると、9番遠藤がしっかり送りバント成功

しかし、野間はいい1番バッターに成長しましたね。

この打席での粘りはとてもよかった。

最後はファーストゴロでしたが、そのファーストゴロが、DeNAの連携ミスを誘い、磯村が一気にホームイン

IMG_2314

カープは思わぬ形での先制をしました

後は、盗塁などの機動力ですね。

野間ほどの走力がありながら、なぜスタート出来ないのか・・・

なぜ、フルカウントの自動スタートしかしないのか・・・

来季の大きな課題の一つです。

10

ワンアウト1塁で、ファーストランナーは野間で、打席には2番菊池。

相手のエラーで1点をもらった後の攻撃・・・

普通・・・仕掛けますよね。

勢いや流れ的にはとても動きやすいと思います。

でも佐々岡監督は、ここでも動きませんでした。

私なら、2-0となったとき、ヒットエンドランを仕掛けます。

菊池には右打ちを指示。

12塁間は広く開いていました。

そうしたら、やはり来たんですよ、アウトハイのゾーン内にストレートがね。

私の脳内では、菊池がキレイなライト前ヒットを決め、野間は楽々と三塁へ・・・

すると、私の席の後ろから・・・『ここで仕掛けなかったらいつ仕掛けるんじゃ・・・』と、かなり高齢のカープファンからの声が・・・

私は、心の中で・・・『その通り~』と頷いていました。

結局、フルカウントでのスタートとなって、菊池のショートゴロで進塁は出来ましたが、そうじゃないんですよね。

野間がフルカウントでしかスタート出来ないカープってなんなんって思います。

ここでは秋山も倒れて1点止まり。

カープの攻撃はとても相手に優しい攻撃です。

しかし、佐野のレフトって、こんなに上手かったんですね。

この連戦、何度もDeNAの素晴らしい守備に得点を阻まれました。

4回表、たった1点の攻撃の後の守り・・・私は緊張していました。

DeNA打線の打順は3番佐野から・・・

あっという間のひっくり返されるんじゃないか・・・どうしても心配の方が勝ってしまいます。

エラーの後の打席も怖ければ、ファインプレーの後の打席も怖い。

しかし、遠藤は素晴らしかった。

3番佐野をセカンドゴロでワンアウト。 

菊池の深いポジショニング、流れるような動きにうっとり。

やはり、菊池のセカンド守備はマツダのデーゲームで最も映えます

4番牧は低めのスライダーでセカンドフライに打ち取ってツーアウト

IMG_2317

5番宮﨑はインローへのストレートで詰まらせて、レフトフライでした

相手エラーのよる先制点+この三者凡退で、今日のゲームはカープのゲームになりそうと感じました。

その裏の攻撃は結果的にはとても残念。

やることをやって結果が悪いのは仕方ないと思いますけど、そうでなければとても残念です。

4番龍馬は、昨日の先制タイムリーを思わせる左中間へのツーベースで出塁

5番坂倉は、追い込まれてから、しっかりヘッドを返して意味のある凡打をしました。

このピッチャーゴロにはベンチの意図と、坂倉の技術を感じました。

ただ、6番マクブルームの状態は悪い。

私は、昨日の右方向への1本で変わると思ったんですけどね。

だからこそ、今日のユニは、復活へのエールを送るために、マクブルームにしたんですよ

外野フライを打つなら、2球目が絶好球でした。

もちろん、意識は逆方向

ライトフライを打つつもりで、外甘に目付をして合わせれば、この回とてもいい1点が入ったと思います。

マクブルームは6番を打っていても4番と同じ。

2番、3番でお膳立てされていたのが、4番、5番でしっかり犠牲フライを打ってくれとお膳立てされただけ。

4番に求められるものは、タイムリーやホームランだけではありません。

どんな形でもいいから打点ですよね。

しかし、マクブルームは、アウトハイのストレートを引っ張りにいってかすっただけのファウルにしか出来なかった。

踏み込んで、右

素人ファンでもそう思える絶好の犠牲フライボールでしたよ・・・

追い込まれた後は、それだけはやめてという、ベース板真ん中からボールゾーンに落ちるチェンジアップで、空振り三振。

まんまと石田と嶺井の術中にはまりました。

見逃せばフォアボールでも、空振りすれば三振です。

なんなら、これも、思った通りの結果でした。

7番小園は、このマクブルームをフォローするいいバッティングをしましたが、なんとなんと、またもや鉄壁の佐野が今日2つ目のファインプレー

ゲームはまだ分かりません。

むしろ、押しているのに得点し切れていないカープが流れを渡そうとしているように感じました。

でもね、遠藤がいいんですよ

やっぱり、野球はピッチャーですね、ほんと、何度も何度もそう思います。

そんな残念な攻撃の後でも、DeNA打線をしっかり抑えたことで、このゲームの主導権を渡しません。

IMG_2327

すると、遂にカープに待望の追加点が

5回裏、先頭磯村がツーベース

今日の磯村は遠藤のリードだけでなく、打の方で、チャンスメイクのとてもいい活躍をしました。

9番遠藤のバント失敗は残念。

サードに進めるバントが難しいのは分かりますが、ここでは12塁のバントではなく、タッチプレーなので、決めてくれると思ったんですけどね。

追い込まれた後、私はバスターでもいいと思いましたが、結果は上げてしまいフライアウト。

IMG_2330

石田がチェンジアップばかり投げてきていたので、その方が当たるような気がしました。

1番野間はとてもいい仕事

スリーワンからの1球は遠くから見ている私でも外れているように見えましたが、判定はストライク。

首を傾げる野間。

でも、そこからの切り替えがいい

真ん中にきたカットボールを、逆らわずに逆方向

レフト前ヒットとなり、磯村は打球が抜けるのをみてサードへ進み、13

野間は123のバッティングをしませんね。

ボールをギリギリまで見極めて粘れますし、追い込まれてからのヒットがとても多いと思います。

IMG_2331

2番菊池

ワンアウト13

ランナーは磯村と野間・・・

この場面でも、なんの仕掛けもなかったです。

ほんと、笑えるくらい何もしない。

私なら、2-0となった3球目、セーフティースクイズ

結果ボールでしたが、菊池なら右に完璧に決めたと思いますよ。

ベンチ主導で初球に仕掛けることもなければ、カウントが有利になって動きやすくなっても仕掛けない。

私には本当に理解の出来ない、優しい野球です。

ただ、菊池はフルカウントから、意味のある凡打を放ちました

フルカウントからの弱い当たりのショートゴロを意図的に打ちましたよ

磯村がホームインそして、野間もセカンドに進みました。

結果が同じならいいですか?

私にはそうは思えません。

選手の技術頼りばかりではなく、やはり作戦で得点を奪う事も出来なければ強いチームにはなれませんから。

IMG_2334 

20

そして、大きかったのは、ここでピッチャーがタナケンに交代した後の、3番秋山のタイムリー

IMG_2337

相手エラーによる先制、内野ゴロによる2点目・・・そして、それとは違う、完璧タイムリーによる3点目

マツダスタジアムが最も沸いた瞬間でした

何より、不調の秋山が放ったことが大きい

秋山、マクブルームが戻ってくれば、本当に、シーズン最終盤が面白くなります。

30となって、6回のマウンドに遠藤が登ります

打順は1番桑原から。

いやぁ、素晴らしい

ストレートでの空振り三振、ワンアウト。

IMG_2340

2番大田にヒットを許しますが、3番佐野のショートライナーでなんと大田が飛び出して戻れずダブルプレー

IMG_2342

ここでの小園のポジショニングは完璧でした。

6回裏にもチャンス

ピッチャーは左、左ときて、またもや左の坂本裕哉に交代。

しかし、この回も、私が今日一番応援していたマクブルームは仕事が出来ませんでした。

なんと3三振・・・

先頭ツーベースで出た坂倉を帰すことも進めることも出来ませんでした。

録画で確認したら、クールガイが、珍しくベンチで自分への怒りを見せていましたね。

私は、マクブルームがここから復活してくれると信じていますよ。

今日のDeNAは好プレーもありましたが、ミスもありました。

ワンアウト2塁で、小園のピッチャーゴロを、なんとピッチャー坂本がふんわりファーストに投げて悪送球

チャンスは広がって、今日当たっている磯村に回りましたが、結果は5-4-3

遠藤に回ることなく、7回のマウンドに遠藤が登りました。

ネクストでは堂林がバットを振っていましたが、もし満塁で回ってきてても、ここは続投判断だったと思います。

さあ、7

この回の遠藤が最も素晴らしかった

先頭は4番牧

こんな時に簡単にソロホームランを打つのが牧です。

30が、31になり、DeNAに得点が入ると、ムードは変わるものです。

01は随分違いますから・・・

しかし、そんな打席で、その牧を2球で追い込んで、ストレートで見逃し三振

この三振にはとても驚きました。

完全なストライクにスイングをバットが止まっていたので、完璧な読み違いだったのかと感じました。

そして、5番宮﨑も怖い。

昨日の栗林との対決での集中力は凄まじかった。

そこへ、高めにストレート

ギリギリのストライク判定に、宮﨑は不満そうで、鋭い目つきで審判に確認していましたね。

そして、そこからの落差ですよ。

高いストレートでカウントを取ってから、低めのゾーン内から落ちるチェンジアップ

見事な配球とコントロールで、ライトフライ

6番ソトも怖い・・・なんや、この打線。

しかし、遠藤淳志

見事にコントロールされたカーブで追い込んで、ストレートで空振り三振

私は、8回続投かもと本気で思いましたよ。

でも、ベンチの判断はここまでで交代

遠藤は本当に素晴らしかったです

今シーズン最後のホーム参戦で、矢崎栗林が観れるかな・・・ちゃんとユニは持って来たよ・・・

そう思って、マクブルームのユニフォームから着替えようかと思ったら・・・

やっぱり代打堂林は仕事をしますね

先頭ヒットで出塁

IMG_2357

もう、松山と堂林は左右の切り札でいいと思います。

野間のバントは見事成功

しかし、ここで、このゲームで要らなかったプレーがありました。

それは、ここでのリクエスト・・・

IMG_2359

送りバントなんで、タイミングは完全にアウト。

確かに送球が少し逸れ、ベースカバーの牧の足はベースにギリギリではありましたが・・・

あの角度、あの場所で見ている審判が足が離れていないとアウトジャッジをしたんですよ。

そら、アウトでしょ。

このリクエストは要らないと思いました。

録画で確認したら、小窪もそこまでアピールしていないですし、ベンチからは足が付いていたかどうかは絶対に見えません。

唯一確実に見えていたのは一塁塁審の長川さんだけ。

だから、ここは、要らない。

こんなことしたら、使いたいときに使えなくなるよとね。

結果、判定は覆らず、残り1回。

そして、その残り1回は、この同じ回に使われることとなります。

ワンアウト2塁からの菊池のヒットは素晴らしかった。

しかし、堂林のスタートは遅れましたね。

自分の前の打球判断は難しい。

それでも、河田コーチは堂林を回しました。

ホームでのタッチプレーはかなり際どいクロスプレーで、判定はアウト

IMG_2362

堂林も秋山の指示通り、右にタッチをかわしながら上手く足を入れていますが、ビデオ判定でも変わらずアウト

IMG_2364

触られていない堂林にはタッチの感覚は分かりますし、現地でもセーフに見えたので、ビックリしましたね。

こうして、佐々岡監督はリクエストの権利をこの回で失いました。

これはね・・・映像で何度見ても、カープファンにはセーフにしか見えませんよ。

だから、ファーストジャッジ通りにしかならないってやつです。

名幸さんが、タッチをかわしたとみてくれていればセーフ

映像で見ても、名幸さんは堂林の足しか見ていない感じがしましたし、堂林の脇にミットが触る方が遅い感じでしたけどね。

もしセーフ判定してくれていたら、当然三浦監督からのリクエストで、やぱり判定覆らずセーフ・・・まあ、そんなものですよね。

でもね、この残念なリクエスト失敗2連発があった後の秋山が本当に素晴らしかった

相手の反撃意欲を打ち砕く、lineギリギリに落とす4点目

IMG_2366

40

秋山の仕事は、本当に大きな3点目と、本当の大きな4点目

取って欲しいところで出たタイムリーでした。

あら、こうなると、ヤサタク見れないですね・・・

8回表のピッチャーは森浦大輔でした

森浦も観たかったのでよかった。

先頭の代打関根をレフトライナーでワンアウト。

解説の池谷さんが森浦のピッチングに対していいアドバイスをしていたので、コーチ陣はちゃんと観て欲しいですね。

ファンでも、現地でゲームを観た後、録画で全部観るんですから。

代打の伊藤光を空振り三振

IMG_2368

そして、代打大和もセンターフライで三者凡退

とても5敗もしているピッチャーのピッチングでありませんので、ベンチは上手く休ませながら、コンディションを見ながら使って欲しいです。

9回表のピッチャーはケムナ誠

打順は1番桑原から。

先頭をヒットで出すから、また・・・って思いましたが、2番大田が初球で5-4-3

IMG_2371

これで、勝ちました。

初球打ちで助かった印象かな・・・

ケムナが良かったかどうかは全く分かりませんでした。

やっぱり菊池の守備は素晴らしい。

捕るまでじゃなく、送球までが守備と言うことを再認識させられます。

40

カープ、2DeNAに対してホームで連勝

遠藤の4勝目は、なんと525日以来・・・遠藤も苦しかったと言っていましたね。

遠藤は序盤2-0カウントがやや多かったのに、ちゃんと無四球

本当に見事なピッチングでした。

甲子園からずっと雨に降られていて、今日は大丈夫かと思ったら、カープの勝利と共に雨が・・・

甲子園での涙雨と違い、こっちは、カープの勝利を喜ぶうれしい涙雨

今季最後のカープロードを喜んで濡れて帰りましたよ。

やっぱりいいですね・・・この道は・・・

遠征なので、負けて帰るときの帰路は切なく・・・新幹線でも肩を落とすDeNAユニの人を見かけましたので、その気持ちがすごく分かりました。

でも、辛い日を乗り越えて、嬉しい日が待っている。

そう思います。

だから、プロ野球ファンはやめられないのですよ・・・

・・・・・ 

カープのシーズン終了のカウントダウンが始まってしまいました。

残りはわずか17試合。

目標はもちろん125

その12勝の中に、巨人からの1勝は絶対に入って欲しい

ドラゴンズにはのこり5つ全部勝たないと勝ち越せませんが、それでも、可能性がある限りが頑張って欲しいですね。

自力CSも復活

マツダスタジアムには『また来年』と別れを告げましたが、カープの戦いはまた来年というには早過ぎます

残り17試合は熱い熱い戦いとなりますよ

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


Source: やっぱりカープがナンバーワン
濡れるも嬉しいカープロード❗