広島打撃投手・宮崎敦次氏 下関国際で人生が変わった「坂原監督がいなかったら今ここにいない」





広島打撃投手・宮崎敦次氏 下関国際で人生が変わった「坂原監督がいなかったら今ここにいない」

今夏の甲子園準優勝に輝いた下関国際(山口)で、人生を変えた投手がいる。同校から広島国際学院大を経て14年ドラフト6位でロッテに入団した宮崎敦次氏(29)だ。18年限りで現役を引退し、翌19年から広島の打撃投手を務めている。 下関市立勝山…
Source: 日刊スポーツ
広島打撃投手・宮崎敦次氏 下関国際で人生が変わった「坂原監督がいなかったら今ここにいない」