ダルビッシュと大谷翔平の違い。。。。。





ダルビッシュと大谷翔平の違い。。。。。

昨日の試合。上沢が8回3失点と試合を作るも、小粒過ぎる打線がシングルヒットのみで1点を取るのがやっと。これでは勝てません。

しかし、上沢は115球で8回を投げ切った。これがエースたる所以だ。その姿に奮起できない打線のもだかしさ。ま、今に始まったことではないが、さすがにシーズンを通じてこれだと観ている方はけっこうシンドイ。

試合を振り返っても面白くないので、本題に入る。

2日くらい前にダルビッシュがファンから「NPBに現役で復帰するとしたらどの球団を選びますか?」とツイートされると

「ファイターズしか選択肢ないですよ(笑顔絵文字)」と返していた。

1661916935934

ダルビッシュのファイターズ愛は本物だ。中田が事件を起こせばツイートするし、新ユニが出れば即購入。いつもファイターズを気にかけている感がある。

対して、大谷はファイターズに対する想いを発する機会はほとんどない。そもそも日本のプロ野球よりも最初からメジャーを目指していた選手なので、ファイターズは単なる通過点だったのだろう。

それにしても、だけど(苦笑)

なので、我が家ではダルビッシュのニュースは見ても、大谷のはスルー気味。ベイブルース以来のなんちゃらといかいう記録にも興味がない。

それに「FIGHTERS  CLASSIC」と大谷は関係ないし(笑)

移転後に日ハムファンになった層はやはり2006年・2007年の連覇当時と、今を比べてしまう。懐古主義ではないけれど、あの時の選手たちはよかったとなってしまう。

新庄BIGBOSSに監督が変わって、すっかり様変わりしてしまった感があるが、BIGBOSSの根底にはあの当時の野球観があるとは思う。ただ、今の選手たちでは具現化できないギャップはあるが。。。。

札幌ドームのラスト年で、FIGHTERS  CLASSICを盛り上げた後は、やっぱり新球場のマウンドでダルビッシュを見てみたい。もうこれは奥様の聖子さんを説得するしかないね(笑)

 にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


Source: ファイターズ魂
ダルビッシュと大谷翔平の違い。。。。。