【甲子園】聖光学院1点が重要 佐山未来投手「死ぬぐらいの覚悟で相手に立ち向かっていきたい」





【甲子園】聖光学院1点が重要 佐山未来投手「死ぬぐらいの覚悟で相手に立ち向かっていきたい」

注目の「東北勢対決」が幕を開ける。第104回全国高校野球選手権大会(甲子園)は19日、今大会2度目の休養日を迎えた。春夏通じて初の4強入りを果たした聖光学院は兵庫県内で調整。投手陣は、18日の準々決勝で完投したエース佐山未来(3年)を除…
Source: 日刊スポーツ
【甲子園】聖光学院1点が重要 佐山未来投手「死ぬぐらいの覚悟で相手に立ち向かっていきたい」