【甲子園】下関国際、打撃投手が通常の約半分の距離から投げ、近江エース山田想定し速球対策





【甲子園】下関国際、打撃投手が通常の約半分の距離から投げ、近江エース山田想定し速球対策

第104回全国高校野球選手権は19日、大会2度目の休養日を迎えた。 準々決勝で大阪桐蔭を破った下関国際(山口)は、20日の準決勝、近江戦に向けて兵庫県内で約1時間半の調整。フリー打撃では、打撃投手が通常の約半分の距離から投げるなど、徹底…
Source: 日刊スポーツ
【甲子園】下関国際、打撃投手が通常の約半分の距離から投げ、近江エース山田想定し速球対策