【甲子園】一関学院が「聖地1勝」京都国際に延長サヨナラ勝ち 岩手が103年ぶり京都に勝利





【甲子園】一関学院が「聖地1勝」京都国際に延長サヨナラ勝ち 岩手が103年ぶり京都に勝利

好投手を打ち崩し、20年ぶりの「聖地1勝」だ。一関学院(岩手)が昨夏4強の京都国際にサヨナラ勝ちし、初戦突破を決めた。好投手・森下から3回までに4得点を奪って攻略。終盤に同点とされたが、11回に寺尾皇汰投手(2年)が中前適時打で劇的勝利…
Source: 日刊スポーツ
【甲子園】一関学院が「聖地1勝」京都国際に延長サヨナラ勝ち 岩手が103年ぶり京都に勝利