ピースナイターの奇跡❗





ピースナイターの奇跡❗

いろんな感情が入り交じり・・・

少し、感情の起伏についていけてない感じになっています・・・

こんなに嬉しい気持ちはいつ振りでしょう・・・

今、振り返ってみても、今日観た9回裏の出来事は現実の事なのか・・・

自分の頭の中だけの夢なのかと思ってみたり・・・

いやいや、Twitterでも、LINEでも、メールでも、電話でも、この喜びを共有したよね・・・

やはり、それは、現実にカープに起こった奇跡でした

ピースナイターの奇跡

202286日(土)午後935

紛れもない奇跡が、広島の地で起こりました。

・・・・・

タイガースは、逃げるヤクルトを、チーム一丸の全力で追いかけ、大山を欠いてもチーム状態は良好。

盤石の投手陣に、今日また大きな一枚、藤浪晋太郎まで加わって、ヤクルトの背中くらいは見えてくる8.5G

そんなゲーム差に、後アウト3つだった9回裏

マウンドには阪神のクローザー岩崎優、カープ戦では防御率0.00

最後まで諦めないと口では言っていても、心の中では、まず、厳しいやろな・・・

でも、なんとか一矢報いたい、そんな思いでした。

すると、先頭の7番小園

物怖じしない感じで、いつもながらの積極性

初球のストレートを迷いのないスイングで、鋭い当たりのレフト前ヒットで出塁

ここで、代打長野くらいあるかと思いましたが、佐々岡監督は、打席に會澤をそのまま送りました。

なんとか繋いで欲しい・・・とにかく、ゲッツーだけはやめて・・・

2-1からの4球目、アウトハイを強引に引っ張ったような打球は、三遊間へ

この打球が、なんと、間を抜けるレフト前ヒット

これって、ほんと紙一重でしたよ。

でも、素晴らしい

監督の判断は正解でだったと言うことです。

これで、ノーアウト12

えっ

でも、代走は?代走は?代走は?

ここで、ファーストランナーの會澤に代走なしというのは、ビックリしました。

ここで、9回表の守備から入っている9番上本

いやぁ、初球を素晴らしい右打ちでしたね

狭い狭い12塁間を抜けるか抜けないか・・・

思えば、この打球にセカンド小幡が追いついた事から、この奇跡が始まりました

上本の足では、追いついて投げてもファーストはセーフでした。

しかし、小幡は必死にアウトにしにいって、これがベースカバーの岩崎が全く捕れない悪送球

ボールは、ホーム方向へ転々とし、一旦サードストップだった小園がリ・スタート

IMG_0139

なんとなんと、35となった上に、ノーアウト23

ノーアウト12塁で、たとえ一発が出れば同点と言っても、本当に同点に出来そうな雰囲気なんて全くなかったですが、

次のたった1球で、ほんと突然に、そのムードはやってきました。

ワンヒットで同点

ここで、代走は?代走は?代走は?

ここでももう一度思いましたが、ベンチに動きはなく、サードランナーは會澤のまま。

打席には今日猛打賞の、1番野間

ここで打ってこそやで

そう思いましたが、野間はチャンスでも自分のスタイルを変える事はなく、一番甘い初球を見逃し。

私は、この大チャンスでは、小園や上本のようにいって欲しかった・・・

追い込まれてから力を発揮するのが野間ですが、ここは、高めの釣り球に空振り三振ワンアウト

これで、何となく、45で負けるのかなって頭によぎってしまいましたが、

この日の奇跡は1つではありませんでした。

打席には2番菊池

1-1からの3球目

2球目のストレートをフルスイングした後の球、アウトローのチェンジアップをバットの先で引っかけたショートゴロ

うわぁ、ダメか・・・と思った瞬間

なんと、この打球がショート中野の手前で跳ねました

完全なイレギュラーですが、記録はエラー

しかも、その打球は、前にはこぼれず、中野の後ろまで転がりました

サードランナーの會澤はもちろん、セカンドランナーの上本もホームイン

IMG_0142

なんと、カープ、この9回土壇場で、3本のヒットと相手のエラー2つで、55の同点

バッターランナーの菊池も、もちろんセカンドまで到達

このイレギュラーなんて奇跡以外の何ものでもありません。 

さぁ、こうなると一気です

打席には3番秋山

1-1からの3球目、ストレート、ストレートの後、スライダーをものの見事に捉えました

打球はセカンドの頭を越え、右中間寄りのライト前ヒット

セカンドランナーは俊足の菊池です

バックホームされても、クロスプレーにはならない、完璧なサヨナラ

IMG_0144

65

全カープファンが望んだ形での、秋山翔吾、ホーム初のお立ち台が決定しました

・・・・・

振り返れば、本当に苦しい日々でした。

5割ターンは上出来という声もありましたが、私は不満でした。

上手くやれば貯金5は作ってターン出来たはず・・・ずっとそう思っていました。

でも、ホームで始まる後半戦なら、何とか1つでも貯金をと思っていたら、苦手のドラゴンズに3連敗。

そして、横浜でも連敗、そして1中止。

ホームに戻った昨日も、4番マクブルームの復帰戦を飾れず敗戦、これで泥沼の7連敗。

オールスター明けの6連敗がそのまま借金となり、マイナス6

2位ターンだったカープのあっという間の5位転落でした。

悪い事はそれだけではありません。 

さらには、床田の骨折という悲劇。

先発大瀬良は見るからに不調。

さらに、今日のアンダーソンも、ビックリするくらい遅いストレートで、これでは使えない・・・

カープのローテは崩壊の危機です・・・

リリーフも苦しく、昨日に続いて早過ぎるスイッチとなって、藤井黎來が4回に登場。 

ここでの、ツーアウトランナーなしからの2失点で、今日のゲームはおしまいと思っていました。

05

反撃の4回裏も、今日復帰の龍馬の打席。

タイムリーなら万歳でしたが、ノーアウト13塁からのゲッツーでの1点。

そんな、相手にとっては最高の失点という1点止まりは、余りにも弱過ぎる攻撃。

ただ、ここから、黎來が5回を踏ん張り、

67回を、危ういながらも薮田が踏ん張り、

8回の中﨑なんて、もう終わったと思ったノーアウト2塁から、菊池の素晴らしいバックホームと、満塁からの坂倉のプレーで奇跡の無失点

IMG_0124

9回のイッチーも、ツーアウトランナーなしから、連打を浴びてまたもやピンチ。

しかし、1番中野を打ち取って、無失点リレー

そんな、リリーフの粘りや頑張りも、結果として実らなければ注目されませんが、今日の奇跡の中には、大きな軌跡として残りましたね。

7回裏の1点も意味のある1

IMG_0122

この時は2対5となっても、カープの流れとは全く思えませんでしたが、じわりと迫った3点差にはとても意味があったという事です。

しかし、佐々岡監督は、なぜ代走を出さないのでしょう。

7回の松山を残した意味をずっと考えながらみていましたが、結局そこにピッチャーを入れるなら、意味不明。

監督が曽根を使う勝負所って、一体いつなんでしょうね。

もう一人足が使える選手を残しておきたいなら、5回は代打大盛ではないですよね。

攻撃面での采配は、やはりよく分かりませんでしたが、昨日今日は、先発ピッチャーを早めに諦める攻めの采配はみられました。

そして、ビハインドでの勝ちパ投入もね。

・・・・・

勝負の後半戦のスタートで7連敗したカープは、正直、もうヤクルトは追いかけられません。

でも、どの試合も勝っていく気持ちで上を目指して戦わなければ、本当にBクラスの常連になってしまいますよ。

今日の奇跡は、今日の1勝だけで終わらせてはいけない。

秋山が加わり、マクブルームが戻り、龍馬が帰ってきました

柱だった床田の離脱は本当に痛く、そして、今後を含めてとても心配。

でも、今こそ、投手陣はキャプテン九里を中心に、頑張らなければ

大地もアンダーソンも森下も次は頼む

そして、遠藤待ってたよ

6連戦がずっと続く8

8月の初勝利は、奇しくも特別な6日の日

ピースナイターでの93点差の逆転サヨナラは、真夏の鯉の季節の始まりを告げる鐘の音です

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


Source: やっぱりカープがナンバーワン
ピースナイターの奇跡❗