【速報】これガチ!?エンゼルスさん、電撃トレードに隠されたとんでもない裏情報が流出してしまう





【速報】これガチ!?エンゼルスさん、電撃トレードに隠されたとんでもない裏情報が流出してしまう

DAZN
DAZN
2022-07-27


Amazonプライム・ビデオ

Amazon.com
2022-04-05


の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め
219キロバイト (29,183 語) – 2022年8月1日 (月) 07:17

(出典 thumb.ac-illust.com)
マジか!

1 ネギうどん ★ :2022/08/04(木) 10:37:19.04ID:CAP_USER9

メジャーリーグのシーズン途中のトレード期限が2日(日本時間3日)に過ぎ、エンゼルスの大谷翔平(28)のチーム残留が決まった。エンゼルスは、期限ギリギリに外野のレギュラーに定着したブランドン・マーシュ(24)、先発右腕のノア・シンダーガード(29)をフィリーズに、守護神のライセル・イグレシアス(32)をブレー*にトレードで放出した。米メディアは、この異例のトレードの理由を今オフに待ち受ける大谷の契約更改に対する備えであり、契約延長への布石だと結び付けている。

イグレシアス、マーシュ、シンダーガード放出で5800万ドル(約77億2000万円)が浮く
 その去就が注目されていた大谷がチームに残った。すでに前日にニューヨークポスト紙などのメディアが「残留決定」を伝えていたが、ヤンキース、ホワイトソックスなど複数球団から具体的に大谷獲得のトレード打診があったものの。モレノオーナーの意志が強く反映される形で、それらのオファーに応じることはなかった。
 だが、トレード期限の段階で43勝59敗とポストシーズン争いから脱落しかけているエンゼルスは、3つの駆け込みトレードを成立させた。クローザーのイグレシアスをブレー*、レフトのレギュラーで出場していたマーシュ、先発ローテーのシンダーガードをフィリーズに放出したのである。異例の電撃トレードで、MLB公式サイトは「2日(日本時間3日)のアスレチックス戦に先発予定だったシンダーガードは、(今オフに)フリーエージェントになること、エンゼルスが優勝争いから脱落していることから、トレード放出されると考えられていた。だが、マーシュとイグレシアスのトレード、特にイグレシアスが今シーズン開幕前に4年総額5800万ドル(約77億2000万円)で契約をしていたことを考えると驚きのトレードだった」と受け止めた。
 そして米メディアは、このトレードの意味を今オフに待ち受ける大谷の契約更改、契約延長と結び付けた。
 ロサンゼルスタイムズ紙は「(トレードを行った)フィリーズとブレー*はそれぞれ(移籍した選手の)年俸支払いを引き受け、エンゼルスの総年俸から少なくとも5800万ドル(約77億2000万円)が浮くことになり、この金額は来シーズンにロースターのアップグレードに費やされ、そうでなければ多くの金額を大谷と結ぶ可能性のある契約に向けることができる」と分析。
 ペリー・ミナシアンGMの「年俸総額を考えるとオーナーは明らかにこの球団に(大きな)投資をしてきた。私は(優勝を狙う)ロースターを作り上げるために良い仕事をする必要がある。ショウヘイやマイク(・トラウト)について多くの推測(今オフのトレード)があることは知っているが、2人の選手だけでなく組織全体を考えねばならない」というコメントを紹介した。

 オレンジカウンティレジスター紙も、ミナシアンGMの「(トレードは)状況の流れを良くしたと思う。将来に少しばかり可能性を広げてくれた」というコメントを交えて大谷の契約問題とこう結びつけた。
「ミナシアンGMは、大谷との契約の話し合いについての関与をほのめかさないが、このトレードを行った(理由の)1つは大谷との契約延長かもしれない。単に大谷の年俸を捻出するための金額を揃えるだけでなく、エンゼルスは、大谷がチームに残りたくなるように勝てるチームを作り上げる必要がある。ブレー*は今シーズン残りの360万ドル(約4億8000万円)を含め、次の3年を通して各シーズンあたり年俸1600万ドル(約21億2000万円)のイグレシアスの残り契約すべてを快く引き継いだ。これは大谷、あるいは大谷、マイク・トラウト、アンソニー・レンドン以外の選手に対しての(年俸の)スペースを作る手助けとなるかもしれない」
 大谷は、昨年2月に2年契約を結び今季の年俸は550万ドル(約7憶3000万円)だが、今オフに契約更改があり、来年オフにはフリーエージェントの資格を得る。大谷は今オフの契約更改で最低でも3500万ドル(約46億6000万円)以上の年俸を要求すると見られ、また単年契約ではなく、契約延長の複数年契約を結ぶとすれば、その年俸枠を確保することが必要だった。
 MLB公式サイトも、「ブレー*は、イグレシアスの約5100万ドル(約67億9600万円)の残り契約を引き継ぐ予定で、これは来シーズン後にフリーエージェントとなる予定の二刀流スター大谷に対して、エンゼルスに年俸総額で、いくらか柔軟性をもたらすことになる」という見方を示唆した。
 今オフに再び大谷へのトレード打診が殺到する可能性はある。だが、エンゼルスが、大谷の来季の年俸を確保することができず放出に踏み切るという最悪の事態だけは、ひとまず回避されたと言えるのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4129ae2075fcbd641a6d554efe58da7c5ad25b83

続きを読む
Source: 虎チャンネル
【速報】これガチ!?エンゼルスさん、電撃トレードに隠されたとんでもない裏情報が流出してしまう