補強期間終了。67人の支配下選手で戦うライオンズ!





補強期間終了。67人の支配下選手で戦うライオンズ!

補強期間も終了し、ライオンズは67人の支配下選手で優勝を目指す事になります。

今季は支配下選手登録63名と、かなり少ない人数でスタートしました。

昨年、4人もの投手がトミージョン手術を行い、支配下から育成となったことで、復帰を待つために枠を空けていたと思われますが、それ以外にも金銭的な事情もあったと思います。

しかしその中で、育成選手である滝澤、長谷川、中熊、赤上投手の4名が支配下登録されました。

外国人やアメリカ帰りの選手でなく、育成からの昇格で枠を埋めた事で、金銭的にはだいぶ安くあげたとは思いますが安かろう悪かろうではなく、能力的にも期待の持てる選手たちです。

滝澤選手は源田選手の後釜候補として、早速1軍でも存在感を出しましたし、長谷川、中熊、赤上投手も今後が楽しみな選手です。

支配下となったからには、後半戦は戦力としてチームに貢献してもらいたいです。

まだ枠は余っていますが、秋にはドラフト選手のために枠を空けなくてはならないので、無理には埋めませんでした。

ライオンズの経営状況やコア4のFAが控えている事を考えると、来季も今季のスタート同様に63名程度にしたいのではないかと思われます。

来季は、今季以上に外国人にもお金をかけられない可能性もあります。

まだ気の早い話ですが、育成のヘレラ投手がファームで良い活躍をしているので、年俸的にも安いヘレラ投手をオフに昇格させ、同じく年俸的には安いボー投手の2人は来季の外国人枠に入る可能性が高いです。

来季も外国人は多くても今季同様に5人だと思われるので、既にコストを抑えた運用を考えていると思います。

ない袖は振れないのでしょうがない部分はありますが、そうであればスカウティングと育成に今まで以上に力を入れていかなくてはなりません。

また、コストを抑えるだけでなく、観客動員数を増やし収益も上げて行かなくてはなりません。

チームは優勝争いが出来る位置にいますので、盛り上げていき、たくさんのファンで球場を埋めてもらいたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


Source: 埼玉には何もない。
補強期間終了。67人の支配下選手で戦うライオンズ!