【7.31SB戦】3タテならずもカード勝ち越し!





【7.31SB戦】3タテならずもカード勝ち越し!

3タテを狙うソフトバンク戦です。

20220731_173954

スタメンは、

Screenshot_20220731-130238~2

【結果】

Screenshot_20220731-174246~2

僅差ゲームでしたが、ソフトバンク中継ぎ陣も良い投手が多いですし、跳ね返す事は出来ませんでした。

敗戦はしましたが、今カードは勝ち越しです。

【投手】

Screenshot_20220731-174333~2

エンス

5回途中4失点で降板です。

今日もストレート、カット中心の投球でした。力もあり空振りも取れていましたが、集中力を浴びて失点しました。

最近は、打たれだすと止まらなくなる投球が見られるようになりましたが、球種の少なさから狙い球は絞られやすいです。

ただ、球に力はあり良いところに決まれば空振りも取れているので、ゾーン内にしっかり投げ込みたいです。

森脇

エンス投手がランナーを貯めて降板しましたが、試合を壊さずに5回途中から6回も投げました。

変化球で3奪三振と空振りも取れていますので、今後も、特に決め球のフォークの精度を高めて行きたいです。

佐々木

佐々木投手も2イニング投げました。

2イニング目は、ストレートが抜けて先頭に四球を出しましたが、ツーシームを打たせて併殺で切り抜けています。

【野手】

Screenshot_20220731-174310~2

試合を振り返ると、

今日も初回から先制します。

左に強い先頭の外崎選手が2ベースで出塁すると、

森選手のタイムリーで先制です。

このソフトバンク3連戦は、初回から良い攻撃が出来ています。

基本的に優勝争いをする相手となれば、中継ぎは後ろに行けば行く程、良い投手が出てきます。


打ち崩すのは困難なため、先発投手の立ち上がりで先制、疲れの出てくる5、6回辺りで中押しと点を取れるのが理想です。

今日のように初回から点を取る攻撃は、継続したいです。

しかし今日はその後が続かず、ソフトバンクの大ベテラン和田投手の前に、7安打放つも要所を三振で切り抜けられてしまいました。

和田投手が代わった6回には、

オグレディ選手にホームランが出ます。

が、強いチームは中継ぎも良いので、崩すなら先発和田投手からでした。

今日は負けましたが、今カードは勝ち越しました。

今季は投手陣がある程度抑えてくれるので、打線次第で貯金をもっと増やせる事を感じさせる、後半戦のスタートです。

コア4の活躍は必須ですが、得点力を伸ばすには他の選手の頑張りも必要になります。現状では鈴木選手が好調ですが、5番呉選手、6番愛斗選手が今日は良いところがなかったです。

長打も打てる選手をコア4の後ろにも置きたいので、オグレディ選手、中村選手、そしてファーム調整中の栗山、ブランドン選手辺りが出てこないと得点力も伸ばせません。

個人的には、呉、愛斗選手の2人は一皮むけてレギュラーを掴まなくてはならない世代でもあるので、期待はしています。

ただ、負けられない試合も続きますので、想いや期待値ではなく、調子の良い選手を積極的に使いたいです。

しかし、辻監督は固定したがる監督ですので、しばらく起用が続くと思いますので、使われるのであればしっかり結果を出して行きたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


Source: 埼玉には何もない。
【7.31SB戦】3タテならずもカード勝ち越し!