7/29バファローズ戦 今季ワーストゲーム。井口監督送りバントに死す





7/29バファローズ戦 今季ワーストゲーム。井口監督送りバントに死す

バファローズ 9 - 8 マリーンズ   7/29(金) 18:00 ZOZOマリン

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:石川  バファローズ:山﨑福

バファローズスタメン
1番: 安達 (二)、2番: 福田 (中)、3番: 中川圭 (左)、4番: 吉田正 (指)、5番: 杉本 (右)、6番: 宗 (三)、7番: マッカーシー (一)、8番: 紅林 (遊)、9番: 若月 (捕)

マリーンズスタメン
1番: 荻野 (左)、2番: 髙部 (中)、3番: 中村奨 (二)、4番: 角中 (右)、5番: レアード (指)、6番: 岡 (一)、7番: エチェバリア (三)、8番: 松川 (捕)、9番: 藤岡 (遊)

千葉市美浜区に本拠を置く宗教法人千葉ントロッテマリーンズ。
信者たちは1日1万回、感謝の送りバントを欠かさないといいます。
真のバント達人ともなればバットを構える速度は音速を越え、その風圧だけで打球を1塁線に転がすことができるのだそうです。

教祖である井口監督は送りバントこそが、この世で最も崇高な行為にして野球の真理だと断言します。
次の打者が打率1割台であったとしても、送りバント教の信者なら1アウト1塁で送りバントを決めます。
それが井口野球なのです。

さて、チーム内にコロナ陽性者が続出し、井上、山口、佐藤、茶谷、美馬、東條、西野を欠く厳しい状況です。
スタメンには打率1割台や2割台前半の選手がずらりと並び、しかも4番角中です。
正直かなりきついメンバーですが、試合は予想外の展開となりました。

1回表。
安達センター前ヒット、福田にライトへのタイムリーツーベースヒットで1-0。
さらに2死3塁で杉本にレフトスタンドへのツーランホームランを打たれて3-0。
石川が初回から3失点です。

1回裏。
荻野がレフトスタンドにソロホームランを放ち3-1。
まさかの一発で1点を返しました。

2回裏。
岡死球の後、エチェバリアがセンターへツーランホームランを放ち3-3。
マリーンズがホームラン2発で同点に追いつきました。

3回表。
福田内野安打、中川送りバント、吉田内野安打で1死1,3塁。
杉本セカンドフライ。2死1,3塁。
実は杉本の打球はセカンドへのハーフライナーで、セカンド中村が捕球せずに打球を落としたのです。
すぐさま2塁に投げて1塁ランナーフォースアウト。藤岡は1塁に投げられず杉本はセーフとなったのです。
しかしこの中村のプレーが故意落球と判断され、1塁走者の吉田のアウトは取り消されて1塁に戻され、打者の杉本がアウトとなりました。説明が難しいプレーです。
その後宗四球で2死満塁。
ここでマッカーシーに痛恨の押し出し死球。4-3。
勝ち越しを許しました。点の取られ方としては最悪です。

5回裏。
エチェバリアサードゴロ、松川ライト前ヒット、藤岡センターフライで2死1塁。
荻野はセカンドゴロも、安達のエラーで出塁。2死1,2塁。
ここで高部が右中間にスリーランホームランを放ち4-6。
見事逆転に成功しました。

6回表。
マリーンズのピッチャーはこの回から小野。
オールスターに2試合登板して疲れているのか精彩を欠きました。
紅林四球、若月三振、安達センター前ヒット、福田内野安打で1死満塁。
中川ライトフライで2死満塁。
吉田は押し出し四球。5-6。打たれるよりはマシですが・・・。
最後は杉尾戸を三振に仕留めてチェンジ。なんとか踏ん張りました。

6回裏。
バファローズのピッチャーは黒木。
角中三振、レアード四球、岡四球、エチェバリアライト前ヒットで1死満塁。
ここで松川がライトにタイムリーヒットを放ち5-7。
満塁で高卒ルーキーがタイムリーヒットを放つとは。
これが千葉ロッテ3.0。
ロッテ野球が新しい時代に突入したようです。
今すぐインプレス社から解説書を出版してもらいましょう。

さらにこの回は藤岡も犠牲フライを放ち5-8。
3点リードしたので勝ったと思ったのですが、甘すぎる考えでした。

7回表。
マリーンズのピッチャーはゲレーロ。
宗ショートゴロ、マッカーシー三振、紅林三振でチェンジ。
以前ゲレーロは紅林に頭部死球を当てたこともあり、紅林の打席でゲレーロが帽子を取っていました。紳士です。

7回裏。
バファローズのピッチャーは張。
高部がツーベースヒットで出塁し、中村四球で無死1,2塁。
よし!送りバントだ!
しかし角中は送りバントを2回失敗し、最後はライトフライ。ランナーを進めることができませんでした。
4番なのにバント?
送りバント真理教では打順など飾りです。そもそも角中の打率は2割そこそこですし。
続くバッターは代打の安田。ケガで守備はできませんが、送りバントならできるはずです。
しかしなぜか井口監督は送りバントさせず、強攻させた結果センターフライ。
最後は岡がセカンドライナーに倒れてチェンジ。
絶好のチャンスを逃しました。4点差にできていれば違う展開になったはずなのですよ。
返す返すも角中のバント失敗が痛かった。
送りバント教の信者なら「アッラー、アクバント!」と叫んで自ら犠牲になりランナーを進めたはずです。
そして1死2,3塁にしておけば安田のスクイズで1点入ったのです。なんともったいない。

8回表。
マリーンズのピッチャーはオスナ。
若月三振、安達三振、福田ライトフライでチェンジ。
すごい安定感です。まるで守護神。そういえばメジャーのセーブ王でした。

8回裏。
バファローズのピッチャーはビドル。
エチェバリアがレフト前ヒットで出塁も、加藤が送りバント失敗。破門です。
続く藤岡はピッチャーゴロも、ビドルが打球を弾きオールセーフ。1死1,2塁となります。
しかし荻野は最悪のショートゴロゲッツーでチェンジ。
井口監督としては4点差にしたかったところですが、3点差のまま9回に突入することになりました。

9回表。
マリーンズのピッチャーは益田。
中川センター前ヒット、吉田四球で無死1,2塁。これはまずいです。
案の定杉本にスリーランホームランを打たれて8-8の同点。
また肝心な場面で杉本に打たれました。学習しないのでしょうか。
去年も益田が肝心な試合でT-岡田にホームランを打たれていましたね。

後続を抑えて同点でしのいだものの、もう益田は守護神を降りてもらったほうが良いと思います。

9回裏。
バファローズのピッチャーは本田。
高部が四球で出塁し、絶好の送りバントチャンスが到来しました。
しかしバント真理教の教祖であるはずの井口監督は中村に送りバントをさせず、結果サードファウルフライ。
ランナーを進めることができません。
おかしいですよ。おかしいのは監督の采配ですよ。
なぜ普段あれだけ送りバントする癖に、1死1塁でも送りバントするくせに、1点が絶対必要な9回裏に送りバントさせないのか。
バント真理教としてはあり得ない事態で、本来であれば異端審問を行うべきです。
ですが井口監督は教祖ですし、政治力もあるから無理でした。残念。
その後三木が送りバントを決めて2死2塁。1死1塁で送りバントって高校野球ですか?
しかし2死2塁で安田三振でチェンジ。夢も希望もありません。

10回表。
マリーンズのピッチャーは佐々木千隼。
2アウトから福田四球と中川内野安打でピンチを招きますが、石岡を三振に打ち取りチェンジ。
抑えました。

10回裏。
バファローズのピッチャーはワゲスパック。
岡三振、エチェバリア三振、加藤三振でチェンジ。
期待したのですが残念でした。

11回表。
マリーンズのピッチャーは廣畑。
杉本センターフライ、宗センター前ヒット。
大城は送りバントも、キャッチャー前に転がりダブルプレー。
チェンジとなります。

11回裏。
バファローズのピッチャーは阿部。
藤岡ヒット。荻野送りバントで1死2塁。ここは送りバントなんですね。
高部はショートゴロでランナーを進められず。
中村敬遠で2死1,2塁。
代打菅野が登場すると、2アウトからセンターをセカンドの位置に守らせ、なんと内野5人体制となりました。
菅野は見事狭い二遊間を抜くヒットを放ちますが、前進守備のレフトが捕球。
2塁ランナーの藤岡は3塁を回るも余裕のホームタッチアウトでチェンジとなりました。
代走に和田を出しておくべきでしたね。あのタイミングじゃ藤岡の足では無理です。
ホーム突入させたコーチの判断もおかしかったです。

12回表。
紅林三振、若月センター前ヒット。
大田セカンドゴロで2塁アウト。しかし藤岡の1塁送球が逸れて1塁セーフ。
藤岡が見苦しくランナーによる守備妨害を訴えてリクエストとなりましたが、判定は変わりません。
妨害しているようには全く見えませんでした。
ここから地獄のエラー街道が始まります。
福田の打席で代走の小田がつり出され、1塁牽制から1,2塁間で挟みますが、ファーストの菅野がなんと2塁悪送球。
ランナーを進めてしまいます。2死2塁。
さらに福田のセカンドゴロを捕球した中村が1塁に悪送球。
この間に2塁ランナーがホームインし9-8。
まさかの3連続エラーでバファローズに勝ち越しを許してしまいました。

ひどい。ひどすぎる。

12回裏。
バファローズのピッチャーは近藤。
安田がセンター前ヒットで出塁し、代走に和田が登場。
しかし井口監督は和田を走らせることなく岡に送りバントを指示。
バント自体は成功しましたが、いくらバント真理教教祖としてもやりすぎです。
同点ならまだしも、1点差で負けているんですよ。ベンチには田村しか代打がいません。
しかも岡は何をするかわからない意外性の男。ファンはサヨナラの一打を期待していたはずです。
勝つ気がないのか。頂点をつかむのではなく、同点をつかむのか。

結局1死2塁でエチェバリア三振、代打田村はサードゴロで試合終了。
9-8で負けました。

今季ワーストゲームでしょう。
石川は打たれすぎです。
益田は守護神失格です。
そして井口監督。勝負勘の無さは以前からはっきりしていましたが、まさか1点差で負けている12回裏に勝ちを放棄するとは思いませんでした。
井口監督のコメントも他人事に過ぎます。
「1イニングに3つも暴投出ればこういう結果になってしまいますね。特に二遊間ね、あのへんしっかりやっていかないと。内野安打の打球だって、裕大(藤岡)のボテボテのやつセーフだったり、色々ありますんでね、もう少し引き締めてやってもらいたいなと思います。後半戦一番大事な一発目でしたので、ちょっと残念な結果になってしまいましたね」

さすがもう無理でしょう。井口監督では勝てません。

【ロッテ】最終回1点ビハインド送りバントに球場騒然、後続が倒れて敗戦 井口監督「また明日から頑張ります」(報知)

 ロッテは8―5の9回に益田が杉本に同点3ランを浴びて延長戦に入った。

 同点の12回、守備のミス3連発で勝ち越しを許した。

 その裏、無死一塁で一走に代走・和田。続く岡は送りバントを決めた。最終回1点ビハインド、まずは同点狙いという作戦に、バントの構えをした瞬間、球場は騒然とした。

 後続が倒れて敗戦。試合後の井口監督は「一発は打たれちゃいけない場面ではありましたけど。ああいうところもっと丁寧にいかなくちゃいけない」と益田の投球を指摘。

 「また明日から頑張ります」と切り替えて前を向いた。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング
Source: マリンブルーの風
7/29バファローズ戦 今季ワーストゲーム。井口監督送りバントに死す