開志学園1年・高橋幸大が決めた 9回2死満塁から勝ち越し適時打/新潟





開志学園1年・高橋幸大が決めた 9回2死満塁から勝ち越し適時打/新潟

開志学園の8番高橋幸大中堅手(1年)が決勝打を放った。4-4の9回表2死満塁から右前に勝ち越しの適時打。「外角を素直に流した」と会心の一打だった。 ベンチ入りメンバーではただ1人の1年生。打席に入る前に熊木塁主将(3年)から「緊張せずに…
Source: 日刊スポーツ
開志学園1年・高橋幸大が決めた 9回2死満塁から勝ち越し適時打/新潟