埼玉栄が東農大三に春のリベンジ「応援している人の分まで頑張ろうと思った」/埼玉





埼玉栄が東農大三に春のリベンジ「応援している人の分まで頑張ろうと思った」/埼玉

埼玉栄が春のリベンジを果たした。今春の県大会は延長10回で5-6と負け、シード権を逃していた。 1点を追う6回、先頭の6番又吉優輝人内野手(3年)が中前打で出塁すると続く花輪和冴内野手(3年)が左前打で無死一、三塁。8番の越前谷龍之介外…
Source: 日刊スポーツ
埼玉栄が東農大三に春のリベンジ「応援している人の分まで頑張ろうと思った」/埼玉