【7.7オリックス戦】今井らしさ全開投球も、打線がルーキーに抑え込まれる。





【7.7オリックス戦】今井らしさ全開投球も、打線がルーキーに抑え込まれる。

3タテをかけたオリックス戦は、今井達也投手今季初登板ゲームです。

20220707_174541

スタメンは、

Screenshot_20220707-173902~2

2日連続の延長戦でしたので、ここに来て好調の中継ぎ陣に疲れが見えます。

初モノ相手は苦手ではありますが、今季初登板の今井投手を打線が助け、ボー、宮川、佐々木投手の継投で、勝ちに繋げられる展開となるようにしたい試合です。

【結果】

Screenshot_20220707-211514~2

今井投手は良い投球を見せましたが、打線がルーキー椋木投手を打てませんでした。

初モノへの弱さもありますが、イマイチ状態が上がらない貧打の打線が残念です。

【投手】

Screenshot_20220707-211556~2

今井

相変わらず物凄いストレートに、相変わらずアバウトな制球と、今井投手が復帰したことを感じられる、らしい投球でした。

基本的に奪三振数=与四球数の投手ですので、まだまだシーズンは続きますし、復帰戦でいつも通りの投球が見れて一安心です。

今日は、力強いストレートに加えて、カットのキレが良く空振りも多く取りました。

3失点しましたが、味方エラーも絡んでの失点ですので、復帰戦としては十分な投球です。

願わくば、味方打線に点を取ってもらいたかったです。

ボー

7回から登板しますが、四球、エラー、死球で満塁とすると、暴投で失点と独り相撲です。その後タイムリーも打たれてこの回3失点です。

立ち上がりから、ストレートが高めに浮いていましたし制球出来ませんでした。

ストレートで空振りも取れ2イニングで4奪三振と良い所もありましたが、制球難から試合を壊してしまいました。

今日は48球投げましたので、明日はボー投手は投げられないので、ファームから投手を補充したいです。

好調なのは田村投手ですが、昨日2イニング投げています。他には、特別状態は言い訳ではないですが、イニングを稼げて実績もある十亀投手が候補になりそうです。

【野手】

Screenshot_20220707-211537~2

プロ入り初先発のドラ1ルーキー椋木投手に、6回2安打7奪三振と抑えられました。

140後半のストレートは力があり、高めに行くことが多かったですが、ライオンズ打線は押し込まれました。ストレートが良かった事で変化球も活きてしまい、フォークで空振りも取られました。

反撃は8回にビドル投手から、

愛斗選手の2ランホームランです。

直前の回に、ボー投手が3失点したことで勝負が決まってしまったため空砲となりましたが、レギュラーを狙う愛斗選手には、良いアピールとなりました。

オリックス3連戦は勝ち越しましたが、貧打の打線、そして中継ぎの疲労と、すぐにでも手を打ちたい課題も見えました。

中継ぎに関しては、明日の楽天戦に向けて野手を減らしてでもファームから1人補充をしたいです。

先程も書いたように、田村投手が好調ですが昨日2イニング投げているので、実績的に十亀投手辺りも候補になります。

ファームには長い回を投げられる、隅田、佐藤投手もいますが、今後9連戦も控えているので、それまで2人には先発調整を続けてもらいたいです。

打線に関しては、やはり1番打者が不在です。

昨年同様に日替わりでやり繰りしていますが、難しくなってきました。

安定しているのは源田選手ですので、源田選手ともう一人出塁率の高い選手を上位に置き、好調の森選手に繋げたいです。

呉選手はまだファームですので、今の調子なら愛斗選手や四球も選べる平沼選手、また左投手相手なら外崎選手が候補になります。

コロナ特例により抹消された栗山選手の復帰も待たれる所です。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


Source: 埼玉には何もない。
【7.7オリックス戦】今井らしさ全開投球も、打線がルーキーに抑え込まれる。