福岡第一・5番末永弥雅斗「手応え十分でした」先制2ラン&2点二塁打の活躍で快勝/福岡





福岡第一・5番末永弥雅斗「手応え十分でした」先制2ラン&2点二塁打の活躍で快勝/福岡

1988年準V以来、3度目の夏甲子園を目指す福岡第一が、10安打7得点で快勝発進だ。期待の5番末永弥雅斗(やまと)外野手(3年)が、2安打4打点で打線をけん引した。 4回2死二塁のチャンスで「ランナーが出たら真っすぐを狙っていた。手応え…
Source: 日刊スポーツ
福岡第一・5番末永弥雅斗「手応え十分でした」先制2ラン&2点二塁打の活躍で快勝/福岡