大島に代走高松





大島に代走高松

昨日の試合で最も叩かれているのがこの場面。

大島に代走高松を使って送りバント。

実際、リアルタイムでは
苦虫を嚙み潰した上に青汁を飲んだような顔をした私です。
そもそもご存知の通り、送りバントが嫌いですから。

でも、冷静になって考えれば理解はできる策でした。
大島とはいえ足は万全ではなく、当然高松の方が速い。
送りバントが成功する確率も少し上がるし、
セカンドからホームに返る確率も少し上がる。
さらに、高松なら外野の守備位置もより前になり、
ヒットゾーンも広がる。
もし延長戦になったら打席が回る?
いや、ビジターだし、しかもジャリエルを使ってしまっての9回。
目の前の9回に1点をとる確率を上げようと考えるのは理解できます。

ただ、結果そこで点が入らなかった。
結果10回に3連打が出たのにランナーが本塁アウトになってしまった。
結果サヨナラ負けした。

だから叩かれるのです。

シーズン序盤、逆転勝ちが多かった頃はこの辺の采配が当たっていました。
『立浪監督の勝負勘!』と当ブログも絶賛していました(^-^;

結果サヨナラ負けとなったのは、
結局15安打も打ったのに5点しかとれなかったから。
原因は昨日書いたことの方が大きいと思ってます。


これ、波留コーチが嫌いで立浪監督を叩けないという私情が見え見えですね(苦笑)
でもどうしたって長年の経緯で波留コーチを好きになれる要素が無いんですもん。
助けて下さい・・・

やっぱり送りバントは嫌いだし、
高松の足という大きな武器を、『少し』確率を上げるために使うのは愚策ですね。
はい、昨日の大島→高松は叩かれてしかるべきです。

でもね、しつこいですが、
やっぱり問題はコツンコツンですよ。
どっかの会社じゃあるまいし、後戻りは本当に気持ちが萎えます。

週刊誌の情報を鵜呑みにするのは危険ですが、
チームの絶対方針がコツンコツンなのだとか。
それでノリさん→波留コーチというのは辻褄が合っちゃうんですよね。
堂々と試合中メディアにコツンコツン教の経典を説いてますし・・・
いやーでもさすがにねえ・・・
そこまで時代錯誤な組織がありますかね・・・

30日でホームラン5本。
森野コーチはこれでいいの??

ポチ感謝です
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)
大島に代走高松