【緒方孝市】阪神梅野のセオリーとは違う選択 10回坂倉への3球続けて内角直球は反省すべき





【緒方孝市】阪神梅野のセオリーとは違う選択 10回坂倉への3球続けて内角直球は反省すべき

阪神にとっては、10回で勝ちきらないといけない試合だった。抑えのアルカンタラが先頭打者の坂倉を迎えた場面の配球がポイントになった。 梅野は3球続けて内角に直球を要求していた。球威で押して、ファウルを打たせて、カウントを稼ごうという考え方…
Source: 日刊スポーツ
【緒方孝市】阪神梅野のセオリーとは違う選択 10回坂倉への3球続けて内角直球は反省すべき