【日本ハム】ガント再来日 米国で右肘靱帯炎症を治療、スローイング再開まで6~8週間の見込み





【日本ハム】ガント再来日 米国で右肘靱帯炎症を治療、スローイング再開まで6~8週間の見込み

日本ハムのジョン・ガント投手(29)が22日、成田空港着の航空機で再来日した。 15日に右肘靱帯(じんたい)炎症の治療のため、米国へ一時帰国していた。現地で精密検査を受けた後にPRP療法を受けた。スローイング再開まで6~8週間の見込みで…
Source: 日刊スポーツ
【日本ハム】ガント再来日 米国で右肘靱帯炎症を治療、スローイング再開まで6~8週間の見込み