床田寛樹とマツダスタジアム❗





床田寛樹とマツダスタジアム❗

悪夢の交流戦・・・

いや、悪夢のような佐々岡采配と共に私の体調は悪化しました。

5年振りに発症した咳喘息に苦しんでいるため、あまり頭が働いていません。

換気不全による酸素不足での全身倦怠感があるので、ブログはどうしようかと思いましたが、久々の勝利の日・・・

少しだけ今の思いを綴ってみます。

・・・・・

交流戦明けの首位ヤクルトとの神宮での戦いは完敗、完敗、完敗・・・

まあ、12球団いち強い相手に、12球団いち弱い状態のカープが、勝てるチャンスは少ないと思っていましたが、

その少ないチャンスがもしあるとすれば、ローテーションを入れ替える事は必須でした。

調整明けぶっつけの大瀬良、中6日しか休ませてない不調の森下で臨むとは本当に驚きしかなく・・・

結果は、三試合連続での逆転負け。

私は、床田、遠藤、九里で臨めば、1つか2つ勝った可能性があると思っています。

表と裏を入れ替えるだけで、全員が中10日以上。

それだけで、大瀬良や森下も勝てたんじゃないかなと思うんですよ(希望的に過ぎますかね)

ともかく、ここが、交流戦で疲れが顕在化し、勝てなくなった先発陣を上手く休ませられるチャンスだったのに・・・

それを無駄にするとはね。

交流戦2週目から、もう佐々岡采配には見るべきものがなくなってしまいました。

個人的な今の思いは、もう結果じゃないんですよ。

まともな采配、希望のある采配をして欲しいと思うのみです。

そして、ヤクルト戦で感じたことがもう1

龍馬抜きのカープ打線は全く強くはないけど、底は脱したと・・・

2戦目、リリーフの大量失点のためにゲームにはなりませんでしたが、カープ打線は6得点をして反撃の気持ちを見せてくれました。

3戦目、九里の不甲斐ないピッチングでリードは一瞬でなくなりましたが、欲しかった4番に1発も出ました。

あとは、きっかけだけ・・・

選手には勝利という薬だけ欲しかった。

その良薬を得るために必要だったのは、床田寛樹とマツダスタジアム

そして、その通り、雨に濡れながらも必死で応援するファンの前で、選手の力だけで、今日は勝ちました。

ちょっと意味が分かりませんでしたけど、今日の采配で結果的に良かったことが1つだけ。

宇草を下げて中村健人をレフトの守備に入れたこと。

これって、どういう意図だったのでしょう。

でも、結果的には、8回表のケンティーの守備がなければ、今日のゲームを落としていたかもしれません。

IMG_7078

カープが取った5得点

全てツーアウトからです。

初回のマクブルーム、4回の野間、宇草、菊池

IMG_7020

IMG_7045

IMG_7049

IMG_7054

作戦で取った得点はなく、選手の力のみ。

本当に強い打線なら、あのまま、4番マクブルームが、甘めのスライダーを打ち損じる事なく、とどめのツーラン。

70にして、西をKOしていたでしょう。

でも、その辺りが、大山とも村上とも違うところ。

底は脱しても、まだ好調とはいいがたいですね。

カープ打線は、まだまだミスショットや甘い球の見逃しが多いですが、負けが混んでいるどうしてもね・・・

せっかくの勝ちですが、ネガ思考の私には、7回の失点が残念でしかありませんでした。

7回表のテーマは、まずは先頭の近本を出さないこと。

こんな時の近本はコンパクトにセンター返しをしてくることは分かっていました。

追い込んでからの真ん中低めは対応しやすい。

インコースにツーシームを厳しくいくか、アウトローにスライダーがよかった。

そして、絶好調の大山相手に、初球ストレートで入るとは、衝撃的

IMG_7075

絵に描いたような被弾に、大山が絶好調だから仕方ない・・・って

多くのカープファンが許しても、今の私は許しません。

この場面はホームランだけはダメでした。

その場面で、失投ではなく、狙って投げた球で、きっちりホームランを打たれるのは完全にバッテリーの敗北です。

今日の床田はよかったですが、この2失点は痛恨の2失点になりかねなかった。

勝ったからよかったですが、5点取ったから2失点はいいというものではないですからね。

初球はインローに厳しめのボールに落ちるスライダーから入って、2球目をアウトコースへのパーム。

ストレートを投げるなら、きっちりボールコースでファウルを打たせる球がよかったです。

その前の打席で、ヒヤッとする大ファウルを打たれているのに、どうしてもその球からいくんや・・・

私には、會澤の考えは分かりません。

カープのローテピッチャーの被弾数が突出している事をもっと重く受け止めた方がいい。

ピッチャーの出来以外に絶対に理由があるはずですから。

森浦は中村健人のファインプレーに救われました。

あれがなければ、ダメだったかもしれません。

一昨日調整で投げた時、私は、今日の登板を既に心配していました。

火曜日の登板に悪い影響を残す結果にならないといいけどと・・・

結果は無駄に被弾し失点・・・だから、今日の登板は入りが大事と思っていました。

その心配の通り、チェンジアップの制球はいつもよりは悪く、ストレートの走りもよくなかったですね。

そして、9回の栗林は最悪の出来でした。

これだけ負け続けると出番が全くなく、栗林は中10日。

こんな悪い栗林は久し振りに見ました。

それでも、栗林だから1失点でチームを勝たせてくれましたが、矢野阪神が、同点狙いだったら床田の勝ちは消えていた可能性はありました。

IMG_7089

だいたい、大山へのラストボールをアウトコースへのストレートって、落ち球でゲッツー狙いがセオリーと思いましたが、

ストレートがめちゃくちゃだった今日の栗林に、ストレートを要求って・・・やっぱりこの配球は私には分かりません。

こんな負の連鎖も、大体はチームを勝たせられない佐々岡采配のせい。

選手は自信をなくし、元々ある力も発揮できず・・・

選手がちょっと不調ならそのまま負け、勝ち試合も半分は落とします。

カープは今日勝って3位に浮上しましたが、もうこれ以上上は難しいと思います。

というか、今後のカープが何を目指して戦うのか・・・

チームは今後の戦い方を考えなければなりません。

その辺り、監督は何を思うのでしょうね。

・・・・・

代打は長野と松山ではダメです。

広輔を落とすくらいなら、長野と松山も落として調整させた方がいい。

使うなら、しっかり下で打席に立って、凄みを増してから上げた方がいいです。

3番菊池も苦し紛れ。

それなら3番坂倉の方がいい気がします。

そして、正隨や林や末包を本気で覚醒させなければカープの明日はありません。

せっかくやっと勝った日に、本当に申し訳ないですが、私は今日の勝ちでは、カープの明日は全く見えません。

床田で西に勝つなんて、別に、カープにとっては普通の事ですから。

繋がれば勝ち、繋がらなければ負けるではダメ。

この体制では、絶対に優勝は出来ない。

何故勝てたのか、何故負けたのか、そこに、プロの思考や技術がなければ、もう納得はしません。

ただよかったなと思えることが一つだけ

ホームで勝てた事で、選手に自信が戻ればいいなと思います。

普通に力を発揮すれば、どのチームにも勝つ力はあるのですから。

・・・・・

咳喘息の酸欠のせいで、前向きな思考は失いました。

でも、本気で、カープの明日を思います。

本気で何かを、いや、全てを変えていかなければ、カープは本物の強いチームにはなれません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


Source: やっぱりカープがナンバーワン
床田寛樹とマツダスタジアム❗