【真弓明信】阪神敗戦も4番佐藤輝、5番大山の内容が良い「最短距離」意識すれば大崩れない





【真弓明信】阪神敗戦も4番佐藤輝、5番大山の内容が良い「最短距離」意識すれば大崩れない

悲観すべき敗戦ではないだろう。主軸、特に4、5番の打撃の内容を見る限り、今後も安定した戦いができるはずだ。 個別に分析しよう。本塁打を量産している大山は、3四球と歩かされたが、最終回の打席に調子の良さを感じた。5球目のファウルは左翼ポー…
Source: 日刊スポーツ
【真弓明信】阪神敗戦も4番佐藤輝、5番大山の内容が良い「最短距離」意識すれば大崩れない