【6.7巨人戦】おかえりなさい若林楽人、そして森友哉!





【6.7巨人戦】おかえりなさい若林楽人、そして森友哉!

交流戦はベルーナドームで巨人戦です。

Screenshot_20220606-132233~2

ヤクルト戦で途中交代した中村選手は、右手親指関節痛のため抹消となりました。

軽度との事ですが、万全な状態に戻して1軍に復帰してもらいたいです。

代わりの選手を昇格させませんでしたが、サードが手薄になりますし、こういう場面で使うために取った助っ人ですので、1、3塁を守れるジャンセン選手を昇格させたいです。

本日のスタメンです。

Screenshot_20220607-174455~2

打撃好調の栗山選手がスタメンです。

予想通り山川選手の後ろの5番で起用しました。山川選手が勝負を避けられる場面も増えると思いますので、勝負強い打撃を期待したいです。

個人的にも今の調子なら、山川、栗山選手の並びは良いと思いますが、上位が心許ないため3番山川、4番栗山と上に詰めてもと思いましたが、3番にはなかなか結果の出ない森選手を起用しました。

今日の打線のポイントとなる打順です。打撃の状態は万全ではありませんが、信頼度の高さから3番に配置されましたので、森選手らしい打撃を期待したいです。

【結果】

Screenshot_20220607-212201~2

序盤に佐藤投手が崩れ嫌な流れでしたが、中継ぎ陣が踏ん張り、追加点を与えませんでした。

打線は拙攻もありましたが、6回の若林選手の逆転タイムリーから潮目が変わり、オグレディ選手のタイムリーや森選手のホームランなどで、今日は大量9点を取り、連敗脱出です。

【投手】

Screenshot_20220607-212250~2

佐藤

ストレートを狙われました。

球速は出ていましたし力もありましたが、それだけでは抑えられず、ストレート狙いの巨人打線に捕まりました。

ストレート狙いなのはバッテリーも分かっていたと思いますが、スライダーの精度が良くなく、ストレート狙いでもゾーン内にスライダーが来れば対応されてしまっていましたし、結局ストレートを投げざる得ない状況になっていました。

隅田投手同様に、ルーキーが対策を取られ苦しい投球になっています。

佐藤投手の場合は、球種の少なさよりもまずは制球です。速いストレートを持っていますが、甘く入れば打たれますし、そのストレートを活かすための変化球の精度も課題です。

今後プロとしてやっていくためにも、乗り越えたい壁です。

宮川

今日はストレートで押すパワーピッチではなく、パワーカーブでカウントを取り、フォークで仕留める投球をしました。

ヒットは打たれましたが3奪三振と、変化球のキレが良かったです。

回跨ぎもしましたが、この回もパワーカーブが良く、2イニング無失点でした。

水上

四球は出しましたが、スライダーを引っ掛けさせて併殺で切り抜けました。

ちょっと高かったので、武器でもあるスライダーの精度は高めたいです。

平良

ランナーを出しましたが、自身の軽快なフィールディングもあり併殺で切り抜けました。

平良投手は、流石の身体能力の高さを見せましたが、ショートの滝澤選手の送球もかなり上手かったです。

ボー

最近は好投が続いていますが、今日は最速153キロとスピードは出てましたが、高めに抜けることが多かったです。

四球も出しましたが、ストレートには力があり、ファールを打たせる事は出来ているので、変化球とのコンビネーションを使い、且つ、ストレートはもう少しゾーン内に集められるようにしたいです。

【野手】

Screenshot_20220607-212226~2

試合を振り返ると、

2回、

愛斗選手のソロホームランで先制です。

守備でもファインプレーがありましたし、打撃でも安定的に活躍して外野のレギュラー定着を目指したいです。

3点ビハインドの4回、

外崎選手のタイムリーで2点差に追い上げます。

会心の当たりではないですが、良いところに落ちました。

愛斗、オグレディ選手がチャンスメイクしての得点でした。もう少し点が欲しかったですが、2回の1、2塁のチャンス同様に、ツーアウトからのチャンスメイクだったのが惜しかったです。

そして6回、

相手エラーや四球からツーアウト満塁のチャンスを貰うと、

滝澤選手が押し出しの四球を選び1点差です。


さらに満塁で、

若林選手の逆転タイムリーです。

今日は下位打線にヒットは出るものの、上位打線が全く打てずに、さらにチャンスはツーアウトからとチグハグな展開でしたが、この回は貰ったチャンスを活かせました。

若林選手はここまで3三振でしたが、臆することなく初球から打ってきました。良くも悪くも、積極的な打撃が持ち味ですが、この場面でも貫き通せるメンタルは素晴らしいです。

続く7回には、

山川死球、栗山2ベースでチャンスを作ると、ライオンズベンチは山川、栗山選手にダブル代走を出し勝負をかけました。

この勝負に、

オグレディ選手の2点タイムリーで、貴重な追加点です。

最近は打てずに、フラストレーションも溜まっていたであろうオグレディ選手にタイムリーです。明日以降も気分良く打席に入ってもらえそうです。

また、この回勝負をかけたダブル代走を送ったライオンズベンチですが、誰が3塁で誰が2塁なのかで、ちょっとゴタゴタしました。

Screenshot_20220607-204704~2

松井ヘッドまで出てきました。

最近の辻監督は、コーチに決めさせそれを審判に伝達する役割に徹しているようですが、チャンスの場面でしたし、交代を伝えるのに手間取って間を開けたくもなかったです。

辻監督は遠慮なんかせずに、俺が監督だでいいので、流れを止めずにスパッと変えたかったです。

8回には、ようやく主役が打ちました。

森選手の2ランホームランです。

ビハインドからの逆転劇に1人出遅れた感がありましたが、8回にようやく1本出ました。

責任を背負い込むタイプの選手ですので、1本出たことで、明日からはもう少し楽な気持ちで打席に入れると思います。

普通にやれれば球界を代表する打者ですので、ここから巻き返したいです。

ライオンズは連敗を止めました。

序盤はどうなることかと思いましたが、今日は宮川投手の好リリーフと、若林選手の逆転タイムリーから潮目が変わりました。

今週は、本拠地ベルーナドームでの6連戦ですし、このまま勢いに乗って戦ってもらいたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




Source: 埼玉には何もない。
【6.7巨人戦】おかえりなさい若林楽人、そして森友哉!