6/2スワローズ戦 また小島が援護なく勝ち星つかず。チームは逆転負け





6/2スワローズ戦 また小島が援護なく勝ち星つかず。チームは逆転負け

マリーンズ 3 - 7 スワローズ  6/2(木) 18:00 神宮
ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:小島   スワローズ:スアレス

マリーンズスタメン
1番: 荻野 (左)、2番: 髙部 (中)、3番: 佐藤都 (捕)、4番: 中村奨 (二)、5番: レアード (一)、6番: 岡 (右)、7番: 安田 (三)、8番: エチェバリア (遊)、9番: 小島 (投)

スワローズスタメン
1番: 塩見 (中)、2番: 濱田 (左)、3番: 山田 (二)、4番: 村上 (三)、5番: オスナ (一)、6番: 長岡 (遊)、7番: 内山壮 (捕)、8番: 太田 (右)、9番: スアレス (投)

神宮球場で行われたスワローズとのナイトゲーム。
マリーンズの先発は小島です。小島は8試合投げて勝ち星ゼロ。
防御率2点台なのに打線が援護してくれません。
果たして今日はどうなるでしょうか。

1回表。
荻野サードゴロ、高部センターへのスリーベースヒットで1死3塁。
続く佐藤はファーストオスナの後逸により出塁し、3塁ランナーもホームイン。
エラーで1点を先制します。
さらに1死1塁で中村がレフトにツーランホームランを叩き込み3-0。
初回から3点のリードを奪いました。
やった!小島に3点の援護点!今日こそ初勝利だ!

と浮かれていたマリーズファンはその後思い知ることになります。
今のマリーンズが万年最下位ヘボロッテピーナッツであることを。

1回裏。
浜田のヒットと村上四球で2死1,2塁のピンチ。
オスナをサードファウルフライに打ち取りチェンジ。
初回から危険な香りです。

2回裏。
2アウトから太田にツーベースヒットを打たれますが、スアレス三振でチェンジ。
また得点圏にランナーを進めました。
ただ、小島は立ち上がりこそ不安定だったものの3回以降は安定し、中盤まで無失点で抑えました。

6回裏。
山田にソロホームランを打たれて3-1。
雲行きが矢悪しくなってきました。

7回表。
スワローズのピッチャーは6回表から2番手木澤。
安田センターフライ。エチェバリアセンター前ヒット、小島の代打角中の打席でけん制悪送球がありランナー2塁へ。
角中は四球を選び1死1,2塁。
チャンスでしたが荻野はサードゴロゲッツーでチェンジ。
このゲッツーが勝負の分かれ目でした。点を取っておきたかった。

7回裏。
マリーンズのピッチャーは2番手東條。
太田にソロホームランを打たれて3-2。1点差となります。

8回裏。
マリーンズのピッチャーはゲレーロ。
代打川端センター前ヒット。山田四球、村上三振で1死1,2塁。
しかしオスナにレフトへ同点タイムリーヒットを打たれて3-3。
さらに長岡のセカンドゴロを中村がファンブル。
中村の痛すぎるエラーで満塁となります。
こうなるとゲレーロに耐える力はありません。
内山にタイムリーチューベースヒットを打たれて走者一掃。3-6。
代わった八木も代打中村にタイムリーヒットを打たれて3-7。
勝負ありました。

結局小島は6回を1失点に抑えたものの、リリーフが打たれて逆転されたため今日も勝ち星つかず。
9戦して6回3失点以内のQSが6試合もあるのに0勝5敗。
援護率は驚異の1.74になってしまいました。1試合あたりの援護点が2点未満というムエンゴです。

2009年の渡辺俊介を思い出しますね。
援護に恵まれず3勝13敗に終わった渡辺俊介の援護率は2.59。
今年の小島は渡辺俊介を上回ります。
2012年に阪神にスタンリッジが達成した援護率1.98を破る勢いですね。
小島が不憫で不憫で仕方ありません。
誰でもいいから打って楽にしてあげてほしいです。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング


Source: マリンブルーの風
6/2スワローズ戦 また小島が援護なく勝ち星つかず。チームは逆転負け