明大・杉崎成「打席に入る前に、ベルトの穴を1つきつく」必死の適時二塁打





明大・杉崎成「打席に入る前に、ベルトの穴を1つきつく」必死の適時二塁打

明大が法大に競り負け、優勝を逃した。7点リードされた状況から、4番杉崎成内野手(2年=東海大菅生)のタイムリーなどで一時は2点差まで迫ったが、最後は力が及ばなかった。 チャンスの場面で、杉崎はベルトを閉め直した。試合は投手陣が崩れ、7回…
Source: 日刊スポーツ
明大・杉崎成「打席に入る前に、ベルトの穴を1つきつく」必死の適時二塁打