【5.29DeNA戦】栗山選手サヨナラホームラン!





【5.29DeNA戦】栗山選手サヨナラホームラン!

カード勝ち越しをかけたDeNA戦です。

20220529_130727

スタメンは、

Screenshot_20220529-125056~2

古賀捕手がスタメンマスクです。

前回、エンス投手の今季ベストピッチを引き出した、古賀捕手をスタメン起用しました。

不動の正捕手森選手が不在の間に、不幸中の幸いで柘植、牧野、古賀捕手と控え捕手陣が成長を見せています。

今後、大事な試合が続くようになれば、正捕手森選手は外せないでしょうし、その時までに森選手を息切れさせないように、守備負担の大きい捕手は休ませながら起用したいです。

近いうちに、2番手捕手の岡田選手も1軍に戻ってくるでしょうし、スタメン起用された古賀捕手は、岡田選手を脅かすような活躍を見せたいです。

先発はエンス投手です。

前回は本来の、ストレート、カット主体の投球に戻し、今季のベストピッチを披露しました。

今まではコースを狙いすぎてボールになる事も多かったですが、前回はアバウトにゾーン内に投げ込んだ事で、適度にゾーン内に散らばり好投に繋がりました。

また、新球のフォークも習得中との事です。

使うかどうかは分かりませんが、試合で使えるレベルなら、今後投球のバリエーションも増えてきます。

ただ、基本はストレートの投手ですので、今日も前回同様にストライク先行の投球で、DeNA打線を抑えてもらいたいです。

【結果】

Screenshot_20220529-163249~2

ソロホームラン合戦となった今日の試合は、代打栗山選手のサヨナラホームランで、ライオンズの勝利です。

交流戦、2カード連続の勝ち越しを決めました。

【投手】

Screenshot_20220529-163338~2

エンス

今日はカットを多めに投げましたが、ストレート、カット中心の本来の投球で好投しました。

無四球と制球も良かったですし、ストレート、カットで空振りも取れ、6回3安打に抑えていましたが、その内2本がホームランでした。

牧選手、佐野選手にソロホームランを打たれましたが、同点弾となった佐野選手のホームランは、失投だっただけに悔やまれるホームランとなりました。

試合展開的には、序盤に味方がもっと点を取れる展開でしたが、なかなか取れずに僅差となりましたが、エンス投手の投球内容的には良かったです。

新球フォークは投げませんでしたが、今日のようにストレート、カットでも制球良く投げられれば、これだけの投球が出来ますので、次回も期待したいです。

水上

ホームランを打っている牧選手からの打順でしたが、3人で終わらせました。

アウト3つは全てショートゴロでしたが、滝澤選手も軽快に捌きました。

平良

先頭に死球を与える嫌な展開となりました。

バントで送られ、その後ツーアウトまで取りますが、ホームランを打っている佐野選手は敬遠、関根選手は内野安打で満塁となり、宮崎選手との対戦となりました。

ストレートは高めに行きますが力はあり、何とかライトフライにし、無失点で切り抜けています。

増田

今日はストレートで空振りも取れましたし、制球も良く、危なげなく3人で終わらせました。

【野手】

Screenshot_20220529-163319~2

試合を振り返ると、

3回、

山川選手の犠牲フライで先制です。

この回までに、5四死球を貰いながら、バント失敗や併殺などでチャンスを潰す嫌な展開でしたので、1点がだとしても取れて良かったです。

4回には、

岸選手のホームランで追加点です。

高めのストレートを力負けせずに振り抜けました。

ただ、その後滝澤選手の2ベース、呉選手のこの日早くも3四球目となる出塁でチャンスを作りますが、外崎選手が倒れて、打ち崩すまでは行きませんでした。

4回までで、DeNA京山投手から6四死球も貰いましたが、打ち崩す事は出来ませんでした。バント失敗や併殺が響きました。

こういうチャンスをものにしないと、試合の流れは相手に行きがちですが、その通りに5回からは京山投手から代わったDeNA中継ぎ陣に対して、8回までノーヒットでした。

しかし9回、

代打栗山選手のサヨナラホームランです。

ライオンズの象徴とも言える、栗山選手のサヨナラホームランは格別です。しかも、今季は栗山選手自身不調でスタメンを外れる事も多かっただけに、尚更ですね。

栗山選手は自身9本目のサヨナラ打、サヨナラホームランとなると、2017年8月17日以来3度目となりました。あの伝説となった炎獅子ユニの時です。

最高の日曜日となりました。

今日の主役は栗山選手ですが、1番に起用された呉選手も3四球と、トップバッターとしての役割を果たしました。素晴らしい活躍でした。

逆に2番に起用された外崎選手がストップで、守備は良かったですが、打撃では出塁した呉選手を活かせませんでした。

ライオンズとしては、序盤からもっと点が取れる展開だっただけに、反省点もありますが、とりあえず勝てたので良かったです。

これで、交流戦2カード連続で勝ち越しとなりました。

まだまだ拙攻はありますが、主力が復帰し、骨牙も一時期の底は抜けた状態です。

少しずつ、良い流れが来ています。

源田、今井、松本選手や外国人選手など、離脱者が復帰し戦力が揃った時に、反撃開始となるように、上位チームに喰らいつきたいため、残りの交流戦も勝ち越しを狙ってもらいたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




Source: 埼玉には何もない。
【5.29DeNA戦】栗山選手サヨナラホームラン!