苫小牧中央、エース斉藤優汰ピンチ脱出「制球が決まらずに球の勢いで押し切った」





苫小牧中央、エース斉藤優汰ピンチ脱出「制球が決まらずに球の勢いで押し切った」

苫小牧中央は釧路工に競り勝ち、2度目の春全道で初の4強入りを決めた。8回2死一、二塁で、2番手左腕横野大飛(ひろと)投手(3年)の爪が割れるアクシデント。プロ注目のエース斉藤優汰投手(3年)が緊急登板した。三邪飛に打ち取ってピンチを脱す…
Source: 日刊スポーツ
苫小牧中央、エース斉藤優汰ピンチ脱出「制球が決まらずに球の勢いで押し切った」