5/21ホークス戦 マーティン一発で勝利も、井口監督に不穏な記事が・・・。





5/21ホークス戦 マーティン一発で勝利も、井口監督に不穏な記事が・・・。

マリーンズ 4 - 2 ホークス  5/21(土) 14:00 PayPayドーム

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:美馬  ホークス:大関

マリーンズスタメン
1番: 髙部 (左)、2番: 中村奨 (二)、3番: マーティン (右)、4番: 佐藤都 (一)、5番: 山口 (指)、6番: 岡 (中)、7番: エチェバリア (遊)、8番: 三木 (三)、9番: 松川 (捕)

ホークススタメン
1番: 三森 (二)、2番: 牧原大 (三)、3番: 柳田 (右)、4番: グラシアル (左)、5番: 中村晃 (一)、6番: デスパイネ (指)、7番: 柳町 (中)、8番: 今宮 (遊)、9番: 甲斐 (捕)

福岡で行われたホークスとのデーゲーム。
援護の無い中しっかりと自らの仕事を果たすヴェテラン美馬に今日こそ勝ち星をつけたいところです。
1回表。
高部ツーベースヒット、中村三振、マーティンファーストゴロで2死3塁。
ここで佐藤がレフトにタイムリーヒットを放ち1-0。
マリーンズが先制します。

2回裏。
中村晃、デスパイネのヒットで無死1,2塁。柳町送りバントで1死2,3塁。
ここで今宮にタイムリーヒットを打たれて1-1。追いつかれます。
なおも1死1,3塁のピンチでしたが美馬が踏ん張りました。
甲斐三振、三森は内野安打も、ランナー今宮の守備妨害によりアウト。
最少失点で切り抜けています。

5回裏。
2死1塁で柳田にセンターへのタイムリーヒットを打たれて1-2。
勝ち越されてしまいました。

6回表。
松川ライト前ヒット、高部ライト前ヒットで無死1,2塁。
ここで中村がセンターにタイムリーヒットを放ち2-2。
マリーンズが追いつきました。ホークスはここでピッチャーを大関から嘉弥真に代えます。

しかし続くマーティンはセーフティースクイズを試みて失敗。3塁ランナー走塁死。1死1,2塁。
佐藤はショートゴロゲッツー。チェンジ。1点しか取れませんでした。
美馬は6回裏を抑えて降板。またしても勝利はお預けとなりました。

8回表。
ホークスのピッチャーは又吉。
マーティンがツーランホームランを放ち4-2。
勝ち越しに成功します。

その後8回裏はゲレーロ、9回裏は益田が抑えて試合終了。
ホークス相手に連勝を決めました。

連勝でチームは上昇気流に乗ったでしょうか。
ただ、アサヒ芸能が井口監督について不穏な記事を出しました。

プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(1)ロッテ・井口監督の独裁体制が…(アサヒ芸能)

 混戦のはずだったパ・リーグが大きく様変わり。今季、上位と下位の間には、雲泥のゲーム差がつけられている。中でも、令和の怪物の完全試合でフィーバー状態にもかかわらず、“振り向けば日本ハム”と揶揄されるまでに低空飛行を続けるのがロッテである。ロッテ球団関係者がしかめ面でこう話す。

「井口資仁監督(47)の采配に選手たちの不満は爆発寸前ですよ。特に投手陣は、佐々木朗希(20)を中心にコロコロ変わるローテーションにドッチラケ。自責点こそ少ないですが、エースの石川歩(34)やロメロ(31)は佐々木を起点にズレた登板日に調子を崩しています。昨季までは吉井理人ピッチングコーディネーター(57)が投手陣の管理を担っていましたが、佐々木の起用を巡って井口監督と反りが合わず、今や閑職に追いやられてしまった」

 目下、吉井コーチの本職は侍ジャパンの投手コーチ。最近は、ロッテの1軍に帯同していないのか、他球団同士の試合を記者席で視察する姿も珍しくない。

「ソフトバンク、日本ハムのコーチ時代から監督と衝突してきた吉井コーチといえども、現場でギクシャクするのは本意ではなかったようです。ただ、以前にも増して井口監督の偏重采配が幅を利かせているのも事実。今季中にFA権を取得見込みの田村龍弘(28)は、キャンプで故障したまま2軍に塩漬け。もはや、FA権すら得られなくなりそうな雲行きに本人も達観気味です」(球団関係者)

 やはり2軍で打率3割を超える(5月13日現在、以下同)角中勝也(34)や、2軍ですら登板機会を与えられない唐川侑己(32)など、チームの生え抜き功労者の冷遇ぶりが目に余る。スポーツ紙デスクがこう続ける。

「井口監督にとって、チームの輪を乱す不満分子だからでしょう。田村や唐川らベテランは、首脳陣にも臆せずモノを言えますからね。おしなべて、井口一派の鳥越裕介2軍監督(50)のもとに追いやられている。言論統制さながらに2軍に幽閉されるものだから『ウチは北朝鮮かよ!』なんて選手は嘆いています」

 そんな独裁体制だから、選手の士気が低下しBクラスのまま終われば崩壊の兆しが見え隠れしてこよう。

「井口監督は、ダイエー出身の瀬戸山隆三元球団代表と当時の石川晃本部長が将来の監督手形でメジャーから連れ戻している。それだけに、半ばダイエー閥に乗っ取られ、イレギュラーの西村徳文監督を除いた20年近くにわたる“外様支配”は揺るがないものと思われていた。ただし、選手たちの離反に加えて、チーム成績まで芳しくないとなれば、井口監督を解任する流れに傾くでしょう」(球団関係者)

 その機運を見越して、ロッテOBたちがクーデターを企てているという不穏な情報も。

「楽天のフロントに入っているサブロー・ファームディレクター(45)が中心の一派です。楽天2軍の今江敏晃コーチ(38)、岡田幸文コーチ(37)や野球評論家の里崎智也氏(45)が結託。今も球団に残る福浦和也打撃コーチ(46)を通じて球団オーナー一族に接触を繰り返しているようです」(スポーツ紙デスク)

 佐々木の今後の活躍にも影響を与えかねない、井口監督vsロッテ本流の政争から目が離せない。

これについて里崎が即座に動画を上げて完全否定しました。

サブローや里崎や岡田が今の地位を捨ててロッテに戻るメリットはあまりないと思いますが、井口監督の求心力が低下しているのは事実でしょう。
ロッテ球団のアンチ井口さんサイドの誰かが書かせたのかもしれません。
チームの低迷が続けば今後も井口監督を巡っていろいろな記事が出てきそうです。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング


Source: マリンブルーの風
5/21ホークス戦 マーティン一発で勝利も、井口監督に不穏な記事が・・・。