代償





代償

決勝点は内野安打。
ボールが手に付かないという、まさに絵に描いたような『経験の無さ』が生んだプレー。
よりによって、あんな場面で、、、
いや、あんな場面だからこそ出てしまったのか。

対ベイ6個負け越しで、借金1。
勝たなければならない試合で、あまりにも大きな代償となってしまいました。

ただ、根尾をショートに回したのは、ライトに石岡を入れるためでもありました。
そして、昨日から気になっていた三ツ俣の動きの悪さもあったと思います。
なので、理解はできる起用でした。
石岡が打った訳ではありませんが、結果攻撃的布陣に変えて追いついたからこそ痛いプレーとなってしまったわけで。

根尾のセカンドゴロ打点、石橋のセフティースクイズなど見所は沢山ありましたが、
どうしてもそこをクローズアップしたくなるような試合になってしまいました。

繰り返しますが、ショート根尾ライト石岡は理解できます。
が、最終回の先頭打者はどう考えても最も出塁する確率が高い選手を出す場面。
その答えが本当にそれだったのか?さすがに疑問です。
そして、これ以上我々世代の感情を揺さぶらないで欲しい。
今の福留は福留ではありません。

郡司(出塁率5割)、出番なし!


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)
代償