【速報】きたああああああ!阪神青柳、大注目を浴びてしまう





【速報】きたああああああ!阪神青柳、大注目を浴びてしまう

青柳 晃洋(あおやぎ こうよう、1993年12月11日 – )は、神奈川県横浜市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 東京オリンピック野球金メダリスト。 小学校5年生の頃「寺尾ドルフィンズ」に所属し野球を始めると、6年生の頃に肩が強かったことから投手を始め、指導者の勧めでサイ
45キロバイト (5,716 語) – 2022年4月24日 (日) 08:42

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)
青柳頼むよ!

2 それでも動く名無し :2022/05/13(金) 06:15:33

5月13日~15日に開催されるセ・リーグの見どころを紹介。首位の広島東洋カープは、マツダスタジアムで2位の東京ヤクルトスワローズとの首位攻防戦に臨む。3位の読売ジャイアンツは4位の中日ドラゴンズを、5位の横浜DeNAベイスターズは最下位の阪神タイガースを本拠地で迎え撃つ。
読売ジャイアンツ VS 中日ドラゴンズ

連敗は5で止まったものの、22勝18敗で3位に後退した巨人と、19勝17敗の1ゲーム差で4位の中日ドラゴンズが対戦。中日にとってはAクラス浮上がかかる3連戦となる。

巨人の注目は、12本塁打でリーグトップを独走する主砲・岡本和真だ。打点29は同2位につけており、坂本勇人、吉川尚輝を欠く打線を牽引している。中日戦では今シーズン、打率.360、2本塁打、6打点と相性が良い。この3連戦でもキング独走の一発に期待がかかる。

一方の中日は、13日に先発予定のエース・大野雄大に注目。6日の阪神戦では10回二死まで1人の走者も許さない快投で2勝目を挙げた。惜しくも大記録は逃したが、今回登板では味方打線の奮起に期待したい。
横浜DeNAベイスターズ VS 阪神タイガース

14勝19敗で5位のDeNAは、12勝26敗1分で最下位の阪神と対戦。ここまではDeNAが4勝1敗とリードしているが、阪神にとっては最下位脱出の足掛かりとするためにも3連勝したいところだ。

DeNAは今シーズンからスタメンに定着した楠本泰史が好調だ。5月は打率.207と低迷しているが、現在5試合連続安打中と調子を上げてきた。打率、本塁打、打点でいずれもリーグ上位につける牧秀悟の前を打つ3番打者として、チームの勝利に貢献する一打を放ちたい。

一方の阪神は、青柳晃洋に注目したい。ここまで4試合に登板して3勝1敗、防御率0.76と圧巻のパフォーマンスを披露。前回登板では中日の大野雄大との投げ合いの末に延長10回サヨナラ負けを喫したが、4試合連続8イニング以上、3試合連続完投中だ。
広島東洋カープ VS 東京ヤクルトスワローズ

4連勝で22勝15敗1分として首位に浮上した広島と、5連勝のあとに3連勝と勝ち星を増やした21勝15敗の2位につけるヤクルトが対戦。両者のゲーム差はわずか0.5となっており、緊迫した首位攻防戦が展開されそうだ。

広島は西川龍馬、坂倉将吾の両左打者に注目。打率.321でリーグ3位、24打点は同3位タイの西川は、現在7試合連続安打中。一方の坂倉も同4位の打率.315、同3位タイの24打点をマークし、打線を牽引している。対ヤクルト戦では西川が打率.471と当たっているが、坂倉は.176と苦手としている。

一方のヤクルトは13日に先発予定の原樹理に注目。ここまで5試合で3勝2敗、防御率3.86という成績で、現在2試合連続ハイクオリティ・スタート(7回自責2位内)で2連勝中。チームを首位に押し上げる好投に期待がかかる。

続きを読む
Source: 虎チャンネル
【速報】きたああああああ!阪神青柳、大注目を浴びてしまう