明日からは首位楽天との3連戦!





明日からは首位楽天との3連戦!

ライオンズは明日から本拠地ベルーナドームで、首位楽天と3連戦です。

森、源田、オグレディ、呉選手と欠くライオンズ打線は、昨日ソフトバンク東浜投手にノーヒットノーランをされました。

相手も良かったですが、打線の怖さが4番にしかないのは、苦しい状況です。

ファームでは、森選手の復帰、若林選手が調整中と、打線の上がり目はありますが、しばらく時間はかかります。

そのため、すぐにでも1軍に上げて、打線の起爆剤になるような選手はおらず、現在1軍メンバーの奮起に期待する事になります。

明日から戦う首位楽天は、投打ともに好調で独走態勢です。

今のライオンズのチーム状況での対戦となると、厳しい展開が予想されます。個人的には勝ち越しを狙いたいカードですが、戦力差的には1つ勝てれば御の字といった所です。

ただ、ライオンズは投手陣が好調です。

おそらく、楽天戦からは宮川投手も1軍復帰すると思いますので、投手陣の戦力アップにも繋がります。打線は何点も取れないでしょうから、僅差ゲームに持ち込みたいです。

打線は、山川選手でしか点が取れないのは、打線としては不安材料ではありますが、山川選手の前にランナーを貯めるのが基本となります。

相手バッテリーにプレッシャーをかけるためにも、山川選手が先頭打者にならないように、3番を任される外崎選手の打撃は重要になります。

外崎、山川、中村選手で中軸を組むと思いますが、源田、オグレディ選手不在の1、2番が厳しいです。

栗山選手の状態が良ければ、もう少しバリエーションを出せるのですが、現状厳しいので、ファームで振れていた川越選手や、足の状態が悪くなければ、今季打撃の良い山田選手など、練習の様子を見て、最も期待の出来る選手を1、2番に置きたいです。

足が速いとか実績ではなく、今の打撃の状態で出塁出来る可能性が高い選手が上位打順です。

駒不足感は否めませんが、普段は控え選手たちの奮起に期待したいです。

ただ、そういう選手たちは、安定してヒットやホームランを打つのは非常に難しいので、得点力不足の現状では、状況を考えた打撃をしてもらいたいです。

頭を使って、バッテリーの配球を読んだり、相手のポジションを見て狙い打ったり、アウトでも進塁打にしたりと、状況に応じた打撃が求められます。

昨日の試合後には辻監督から、もっと選手自身が考えて打撃をしてほしいとコメントしてましたが、イケイケドンドン野球がチームカラーでもあるライオンズでは、選手以上にコーチの指示が必要です。

作戦コーチ的な立場でもある、松井ヘッド、平石コーチには、相手バッテリーを分析して、外崎、山川、中村選手といった主力以外には、作戦を徹底させやすいでしょうから、しっかりとコミュニケーションを取ってから打席に入らせたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



Source: 埼玉には何もない。
明日からは首位楽天との3連戦!