【日刊ゲンダ】阪神今季10度目完封負け…からっきし虎打線に矢野監督“メンタル講座”ばかりの体たらく





【日刊ゲンダ】阪神今季10度目完封負け…からっきし虎打線に矢野監督“メンタル講座”ばかりの体たらく

1: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 22/05/11(水) 16:45:21 ID:DcDd
 10日、広島に完封負けを喫した阪神。これで広島戦は開幕から引き分けを挟んで6連敗。対広島戦では開幕10連敗を食らった1988年以来となる34年ぶりの屈辱だ。

 さらに完封負けも早くも今季10度目。38試合目でこれなのだから、この調子だとシーズンが終わる頃には40試合近く完封負けをする計算になる。

 とにかく今季の阪神は打てない。チーム打率はリーグ最低の.223。108得点も同最少だ。

 矢野監督は試合後、「打線を何とかするしかない」と話したが、具体的な策はなし。
それどころか、特に今季は負けが込むにつれて、選手の体や技術よりもメンタルを鍛えることばかりに関心が向いているのではないか。

 予祝や色紙に始まり、試合前にはハイタッチの練習。貴重な練習時間を削って「メンタル講座」を開いたこともある。

 それで勝てればまだしも、一向に浮上の兆しが見えない。
5月4日に完封負けした際には、翌日のスポーツ紙で小学生ファンから「もっと打者は食らい付いてほしい」「練習であまり打ててない。ちゃんと練習した方がいい」など、辛辣なコメントをされる始末だ。

 今の阪神には何より打撃練習が必要なのは子どもでも分かっている。
(以下略全文はソースで)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c04cb46ae5247928f7de8f5b9abab79b76ec4ef

2: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 22/05/11(水) 16:47:06 ID:B1wz
「練習であまり打ててない。ちゃんと練習した方がいい」


キッズの煽り強いわ


Source: プロ野球いろいろ速報
【日刊ゲンダ】阪神今季10度目完封負け…からっきし虎打線に矢野監督“メンタル講座”ばかりの体たらく