5/10イーグルス戦 無死1,2塁で山口にバント指示して失敗。そして完封負け





5/10イーグルス戦 無死1,2塁で山口にバント指示して失敗。そして完封負け

マリーンズ 0 - 7 イーグルス  5/10(火) 18:00 楽天生命パーク

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:小島  ホークス:田中

マリーンズスタメン
1番: 髙部 (中)、2番: 菅野 (左)、3番: 中村奨 (二)、4番: 佐藤都 (一)、5番: レアード (指)、6番: 安田 (三)、7番: 山口 (右)、8番: エチェバリア (遊)、9番: 柿沼 (捕)

イーグルススタメン
1番: 西川 (左)、2番: 村林 (遊)、3番: 浅村 (二)、4番: 島内 (右)、5番: マルモレホス (指)、6番: 鈴木大 (一)、7番: 黒川 (三)、8番: 辰己 (中)、9番: 炭谷 (捕)

今日から仙台で首位楽天との3連戦です。
実力とチームの勢いの差は歴然。なんとか一矢報いたいものですが、そう甘くはありません。

2回裏。
島内四球、マルモレホス三振も、キャッチャーの柿沼がパスボールをかまして1死2塁。
元ロッテ鈴木大地はキャッチャーフライ。2死2塁。
続く黒川はレフトにヒットを放ち2塁ランナーがホームを狙います。
ここで菅野が素晴らしい返球を見せてホームタッチアウト。チェンジ。
なんとか先制を阻止しました。

5回表。
物議をかもしたイニングが始まります。
レアードレフト前ヒット、安田ライト前ヒットで無死1,2塁。
ここで井口監督はなんと山口に送りバントを指示。
しかし山口はバントを失敗し2ストライクと追い込まれ、最後は中途半端なバスターを試みて三振。
ランナーを送れません。
続くバッターはエチェバリア。ケースバッティングができない男は最悪のショートゴロ。
なんとかゲッツーは避けられ2死1,3塁。
最後は柿沼がセンターフライに倒れてチェンジ。絶好のチャンスを逃しました。

いくらなんでもこの場面で山口に送りバントはひどい。
ランナー1,2塁での送りバントは難しいです。
しかもランナーは鈍足のレアードと安田。
通算犠打数ゼロの山口には酷でしょう。成功する可能性は低いです。
仮に成功したとしても、1死2,3塁でエチェバリア、柿沼。
エチェバリアがタイムリーヒットを打つ可能性がどれほどあるのか。
33試合で6打点、犠牲フライゼロ、打率も得点圏打率も2割そこそこのエチェバリアですよ。
さらにその次の柿沼は通算打率1割です。宝くじを当てる人がいるように、柿沼が打つ可能性もゼロではありませんが、限りなくゼロに近いでしょう。

そもそも山口は長打力のある貴重な選手です。
山口を育てる気があるのならバントをさせるべきではなかった。
井口監督はチームのこれからを考えていないことがよくわかりました。
今年でサヨナラ、あとは知らないということなのでしょうか。

5回裏。
鈴木ライトフライ、黒川センター前ヒット、辰巳ライト前ヒットで1死1,3塁。
ここで炭谷はセーフティスクイズを試みるも失敗。3塁ランナーが挟まれてアウトになります。2死1,2塁。
ですが怖い怖い西川が四球を選び2死満塁。代打に銀次が出てきました。
銀次は高いバウンドのゴロを放ち、打球はピッチャーの頭を超えます。
ショートのエチェバリアが駆け込んできますが捕球できず弾いてしまい、3塁ランナーがホームイン。
0-1。イーグルスが先制です。
エチェバリアがちゃんと捕球して1塁に投げたとしても、1塁をアウトにできたかは微妙でした。
だがエチェバリアよ。あの打球を捕ってくれないのなら、打率2割そこそこの気分屋をスタメンで使う意味はないのです。

さらに浅村の打席でキャッチャー柿沼がパスボール。3塁ランナーがホームインし0-2。

勝負ありました。
イーグルスは先制した試合で15勝0敗1分。
マリーンズは先制された試合で0勝16敗1分。
先制されたら勝てないのです。

7回表。
佐藤内野安打、レアード四球で無死1,2塁。
5回表と同じような場面です。
しかし井口監督は安田にバントさせず打たせました。
結果はセンターフライ。ランナーを進められず。
さらに山口は最悪のサードゴロゲッツーでチェンジ。
送りバント失敗がメンタル面で悪影響を与えたのでしょう。かわいそうに。

もう本当に意味が分からないです。
5回表にバントを指示するほどバントにこだわるなら、7回表こそバントでしょう。
矛盾しています。
そもそも1点にこだわるならレアードに代走を出すという選択肢もあったはず。
井口監督は何がしたいのか。わかりません。
そもそも山口も安田もバントさせるべきではないと思いますが。

8回裏。
マリーンズのピッチャーは小島。
なぜ小島を続投させたのか。本人が志願しての続投だそうですが、正直何の意味もない、むしろ小島の体に悪影響を与えるだけの続投です。コーチが止めるべきでした。
先頭山崎は四球。
浅村の打席で山崎が盗塁を決めて無死2塁。
浅村はショートゴロもエチェバリアの3塁送球が高く間に合いません。3塁セーフで無死1,3塁となりました。
リクエストの鬼井口監督も動けない痛恨のミス。記録はエチェバリアのフィルダースチョイスです。
続く島内の打席で浅村が盗塁を決め、島内ファーストゴロで1死2,3塁。
ここでマルモレホスにレフトにタイムリーツーベースヒットを打たれて2失点。0-4。
ついに小島は降板となりました。

2番手は横山。頑張ってほしいところですが嫌な流れを止められません。
鈴木レフトフライも黒川四球で2死1,2塁。
辰巳ライトへのタイムリーヒットで0-5。
炭谷センターへのタイムリーヒットで0-7。
あっという間に大量のリードを奪われてしまいました。

結局0-7で大敗。今シーズン7回目の完封負けとなりました。
あわれ小島は奮闘空しく負け投手です。
小島は6試合投げて援護点はたったの8点。不憫すぎて泣けてきます。

どう考えても井口監督の采配ミスですが、試合後の井口監督は今日の敗戦の責任を選手に押し付け、バント失敗の山口を批判しました。

【ロッテ】今季7度目0封負けで5連敗「甘い球を我々が打ててないだけ」井口監督(ニッカン)

ロッテは楽天田中将大から4安打のみで、今季7度目の0封負けを喫した。

5回にレアード、安田の連打で無死一、二塁も、山口が送れず最後は三振。後も続かず、先制機を逃した。その裏、逆に2点を先制され流れを失った。

井口資仁監督は「レアード以外は、この試合みんなバントすると練習してきて、完璧に決められてない。(田中将は)甘い球を我々が打ててないだけ」と指摘。今季2度目の5連敗で、借金は9となった。

【ロッテ】井口監督「一発で決められるようにしてかなくちゃ」好機で山口航輝がバント失敗(ニッカン)

ロッテは楽天田中将に単打4本のみに抑えられ、今季7度目の0封負けを喫した。

絶好の先制チャンスを逃したのが響いた。5回、先頭のブランドン・レアード内野手(34)が左前打。安田尚憲内野手(23)も右前打で続き、無死一、二塁とした。ここで、山口航輝外野手(21)はバントを試みるも、送れず最後は空振り三振。後も続かなかった。すると、その裏、逆に2点を先制され、流れを失った。

強打が売りの山口だが、チーム方針として「レアード以外は全員バントあり」の方針で臨み、練習も行っていた。井口資仁監督(47)は「完璧に決められてないわけですからね。ああいうところで一発で決められるようにしてかなくちゃいけないと思います」と勝負の分かれ目を振り返った。

田中将の印象については「投球内容としては変わらなかった。結局、甘い球を我々が打ててないだけ。カウントを整えられて、打たされている」と話した。7回まで2失点と踏ん張っていた小島和哉投手(25)を援護できず、最後は大差で敗れた。

首位チームとの差を見せつけられた格好だが、井口監督は「バッティングコーチと選手たちがいろいろやってくれているけど、結果としてまだ出てない。結果を出さなくちゃいけない。何とか、明日また切り替えて」と、前向きに話した。

典型的なパワハラ上司ですよ。自分が部下ならついていきたくないですね。
勝負にこだわった結果がセ・リーグで低迷する阪神と同じ勝利数なんですから、自らの非を認めるべきでしょう。
それに、そもそも井口監督に山口を批判する資格などないのです。
かつて井口監督が現役だった2009年。
バレンタイン監督に送りバントを指示され露骨に不満を表したあげく、結果はゲッツー。
試合後もふてくされて球場を後にした自らの行動を、今一度振り返るべきでしょう。

ムッときた…9回の絶好機 井口にバント指示(スポニチ) 2009年6月3日

【ロッテ0-0巨人】バレンタイン監督はベンチ入りの野手全員を使い切り、延長12回2死一塁では投手の小林宏を50メートル5秒9の俊足を買って代走に起用。勝利への執念を見せたが、今後の戦いに影響を及ぼしかねないシーンがあった。
 9回無死一、二塁のサヨナラ機で4番・井口。初球を空振りすると2球目の前に三塁コーチャーにわざわざサインを確認した。想定外のサインだったのだろう。2球目をバントしたが、ファウルとなり、結局は強攻して捕ゴロ併殺に倒れた。
 指揮官は「井口はバントも上手。1死二、三塁なら勝つチャンスも広がる」と説明。昨年までの“つなぎの4番”サブローらには同様のサインを出したことはある。だが、今季サヨナラ弾2本と勝負強さを見せつけてきた井口には、オープン戦から一度もバントのサインはなかった。
 ベンチに戻ってきた井口は表情を曇らせた。平静さを保てなかったのは容易に想像がつく。これまでどんな時も報道陣に対応してきたが、試合後は普段とは別の通路から無言で帰宅した。新チームリーダーとの信頼関係が崩れないかの不安を残した。

マリーンズに未来が見えない。
井口監督は5年かけてこんな状態のチームを作り上げてしまいました。
監督もコーチも、マリーンズをどうしたいのでしょう。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

Source: マリンブルーの風
5/10イーグルス戦 無死1,2塁で山口にバント指示して失敗。そして完封負け