佐々岡監督、名采配三連発❗





佐々岡監督、名采配三連発❗

1点差のシーソーゲーム

痺れるゲームの中で光ったのは、佐々岡監督の名采配でした

名采配と言われるのは、その采配に見事に応える選手がいるから。

今日のヒーローは、ニコラス・カーライル・ターリーと森浦大輔

本当に素晴らしいリリーフでした

・・・・・

今日は秋山 vs 九里。 

カープキラーだったのはもう過去の事。

不思議ストレートはもう通用しません。

その秋山から初回にカープは先制

しかし、1点止まりだったのは残念でした。

IMG_4386

今日はどうしても勝ちたい九里亜蓮は、先制してもらった直後に2失点。

またもや四球がからんで、あっさり逆転を許してしまいましたが、そこからは徐々に九里のペースとなりました。

カープは秋山から34回と先頭を出すものの、追加点は取れず、次こそはと思った所で・・・

えっ、4回でもう降板?

何かあったのかと思いきや、上位打線に良い感じで打たれていたからという理由でした。

矢野監督は秋山をほんと早く降ろします。

九里は、2回以降立ち直り、右バッターへのシュート、左バッターへのツーシームを中心に、しっかり0を並べましたね。

そして、九里の辛抱が実ったのは、6回表

秋山加治屋渡邉と代わったこの回。

かなり横から投げてくる、左バッターにはキツそうなピッチャー。

先頭のマクブルームはコンパクトにセンター前

いやぁ、いいですね。

今日はちょっと合ってなかった5番坂倉のセカンドゴロでランナーが入れ替わったワンアウト1塁。

ここで、小園が、コントロールミスを逃しませんでした

素晴らしい打球が右中間の深い所を破って、坂倉は1塁から一気にホームイン

なんとなんと、この左腕から左バッターの小園がタイムリースリーベース

IMG_4326

同点に追いついた上に、ワンアウト3塁のチャンス

ここで、7番末包がしっかりカウントを作って、しっかり外野フライを上げました。

センターに上がったフライはやや浅い感じがしましたが、小園はスタート

近本の送球はややサード側に逸れてホームイン

IMG_4328

カープ勝ち越し、32

よっしゃぁ、これで、九里に勝ち投手の権利

たった1点リードですが、追いつくだけではダメでしたから、一気に逆転したのはよかったです。

さあ、今日のゲームはここからが山なんですよ。

九里は、6回裏にエラーがらみでピンチを背負いましたが、ツーアウト3塁でマルテを空振り三振

IMG_4336

まずは、1つ目のピンチを凌ぎました。

そして、ビハインドでも勝ちパターンをつぎ込んでくる矢野阪神。

7回にアルカンタラ、カープ三者凡退。

そして迎えた7回裏です

8番坂本への代打島田を打ち取った後、アルカンタラへの代打梅野に対して、うそって思うようなストレートの四球。

これはマズいと感じました。

すると、案の定、近本、中野に連続ヒット

ワンアウト満塁

ここで、迎えるは3番マルテ。

九里亜蓮は、最後の力を振り絞って、マルテを空振り三振

IMG_4345

マルテは悔しさのあまりバットを折りました。

ツーアウト満塁、バッターは4番佐藤輝明

佐々岡監督が、ここで動きました。

交代のタイミングはいいと思う・・・

でも、一体誰?森浦?いやまさか・・・ここでターリーがくるのか・・・

満塁でいけるのか・・・

すると、そのターリーです

一番嫌なのは押し出し、次に嫌なのはストライクが入らずにカウント負けしてど真ん中を打たれる事。

きっちり勝負出来て相手に上回られるのは仕方ない。

IMG_4347

さあ、注目の初球

初球インハイ、153km/h速い

佐藤もしっかりスイングしてきましたが、ファウル、0-1

2球目、アウトハイ、ボール気味に152km/h空振り、0-2

やはり、この球速だと振り負けないように振ってくる

この配球、スピード、素晴らしい

満塁のプレッシャーなんて、微塵も感じさせない腕の振り

この間のフラフラホールドは何だったのか・・・

2球で追い込んだ後、遊びはないですよ、この局面では。

勝負の3球目、見事

アウトローギリギリに見事な曲がりでのスライダー

IMG_4355

IMG_4356
 

完璧過ぎる奪三振

佐々岡監督、見事

そして、ニコラス・ターリー、素晴らしい好リリーフでした

ホッとしたのも束の間・・・カープにはあるんですよ・・・魔のイニングが・・・

そう、それは、魔の8

表に松山が1本出してくれてればと言っても仕方ない。 

誰が投げてもキツイ・・・中﨑然り、島内然り・・・そして、ケムナお前もか・・・

私は、ケムナの8回はまだ反対でした。

でも、監督が決めたのなら仕方ない。

腹をくくるしかない・・・って、そんなんが一番嫌やねん

5番大山に、ストライクが1球も入らないストレートのフォアボール・・・

6番糸井に、ストライク1球だけの、フォアボール・・・

ハーフスイングちゃうのとケムナ自身がサード塁審を必死で指を差した時点で、すでに糸井には負けています。 

もう、酷すぎる・・・

ここで、タイガースの作戦は7番糸原にバント。

そして、そこでも、ケムナはストライクが入らず2-0

これは、終わりや・・・見られたらもうダメ。

九里の勝ちが消えるのは決定的です。

しかし、3球目をバントしてくれました・・・これはむしろ助かった、もう交代やし

悪いけど、ケムナには任せられない。

頼むよ、ここは森浦しかないでしょう。

ワンアウト23塁で、打席には右で打たせたいロハス・ジュニア

やはり森浦大輔来ました

IMG_4365

いやぁ、1球目から素晴らしい

この痺れる場面で、腕振ってるなぁ。

森浦は右バッターには打たれません。

ロハスを2球で追い込むと、ここからチェンジアップの3連投

あのチェンジアップは0-2からは見逃せても、2-2やフルカウントからは見逃せない。

コースや高さを間違えない見事なピッチング、空振り三振ツーアウト23塁。

こうなると、梅野との勝負は7-3か、6-4で森浦。

梅野にはもうヒットしか許されないですから。

チャンスでは積極的な梅野に初球チェンジアップで、ショートゴロ

IMG_4369

うおー素晴らしい

森浦大輔

ここでも、佐々岡真司監督の名采配炸裂です

もうこれで、大丈夫。

魔の8回を乗り越えて、栗林に繋ぎましたから。

9回表、広輔のツーベースに、上本の、初回の菊池のような送りバント。

ここで、堂林に出したサインは2-1からのスクイズ

いやぁ、最高

この作戦、めちゃくちゃいい

でも、堂林が笛吹けど踊らずで、下手すぎるバントのスクイズ失敗・・・

IMG_4376 2

それはそれ、サインの良し悪しは、結果の成否だけでは語れません。

広輔は三本間でしっかり粘って、堂林を2塁まで進めさせて、菊池の1打での追加点の場面を作りました。

結果は出ませんでしたが、とてもいい攻撃

今日の佐々岡監督、名采配3連発です

9回の栗林は、1番からのキツいところでしたが、どうしてどうして、もう完璧

縦割れのカーブが抜群

坂倉のリードもよし

栗林も万全に近くなってきましたよ。

32

カープは甲子園で連勝、そして、何人もかけてもヤクルトに連勝の強いドラゴンズ

下位予想の両チームの頑張りで、遂に奪首です

小園は上向き、これからどんどん率を上げますよ。

4番ライアンには大きいのも出てきましたが、ここで振り回すようにならないのが、Be Coolのライアン。

率も打点も残します。

リリーフの使い方はまだ決まりませんが、今は調子や疲労を見て、回す形でもいい。

でも、少なくとも、89回は気持ちが強い選手じゃないとダメです。

カープは首位ですが、全く奢る要素はありません。

何故なら、貯金は下位の2チームにしているだけ。

ヤクルトに-2、中日に-4、巨人に-1ですから。

明日は参戦予定ですが、ギリギリになるくらいなら早くに中止を決めてくれてもいいですよ。

それが、チームと選手のためです。 

大事なのは、ホームで戦うヤクルト戦

ここが、交流戦前の1つ目の山になりそうですから。

そして、2つ目の山は、もちろん、ホームでのドラゴンズ戦。

交流戦前の最後のカードは最も強いドラゴンズです

交流戦前のゲームは、実はもうあと10試合のみ。

今日の首位浮上に監督とファンの気持ちはリンクします・・・

まさに『まだまだね。1試合、1試合で。』ですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


Source: やっぱりカープがナンバーワン
佐々岡監督、名采配三連発❗