【速報】嘘だろ!?阪神大山、衝撃の裏事実が発覚してしまう





【速報】嘘だろ!?阪神大山、衝撃の裏事実が発覚してしまう

大山 悠輔(おおやま ゆうすけ、1994年12月19日 – )は、茨城県下妻市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。阪神タイガース所属。 下妻市立宗道小学校1年時に軟式野球チーム「宗道ニューモンキーズ」に入団、投手兼内野手として野球を始め、下妻市立千代川中学校では軟式野球部に所属。高校進
48キロバイト (6,420 語) – 2022年4月24日 (日) 14:23

(出典 i.daily.jp)
大山復活かな?

22 代打名無し@実況は野球ch板で (ワッチョイ d393-S0uJ) :2022/05/09(月) 20:22:56.62

相当にふがいなかったのではないだろうか。

それは決して打順降格に対するモノではない。事を起こせなかった自分に対する腹立たしさ、だ。

7日の中日戦。阪神が1点を追う4回1死二、三塁。6番大山悠輔は三ゴロに倒れた直後、奥歯をグッとかみしめた。

二遊間のポジショニングは定位置。一、三塁を外してゴロを打てば、1点をもぎ取れていた。最低限の役割を果たせず、少なからず厳しい指摘を受けた場面。誰よりも本人が1番、自分自身を責めたはずだ。

今春の沖縄キャンプ、大山は人知れず内野ゴロを打つ練習を繰り返していた。そんなマル秘特訓を明かしてくれたのは、2月下旬のインタビュー中のことだった。

「犠牲フライだったり、場面によっては内野ゴロでも1点は入る。たとえ打率が下がっても得点は入れられる。実はフリー打撃から意識して、犠牲フライや内野ゴロを打つ練習をしているんです」

不格好でも確実に1点を重ねていく。チーム方針の「事を起こせ」を先頭で体現するのだと、背番号3は覚悟を決めていた。

時には1死一、三塁の場面を想定。右打者でも併殺打になりにくい一、二塁間を狙ってゴロを転がす練習も繰り返していた。

「もしかしたら周りの人たちから『あいつ何やってんねん』と思われていたかもしれないですけど…」

そこまでして泥臭い得点を重視していた主砲だけに、7日中日戦で惜敗した直後の胸中は容易に想像できた。

4月24日のヤクルト戦で左足を負傷。コンディションはまだ万全ではないのかもしれない。とはいえ、グラウンドに立っている状況で言い訳をするタイプではない。チームの浮沈を背負う立場である以上、じくじたる思いは結果で晴らしていくしか術はない。

ということで、主砲の意地にも注目していた翌日8日の中日戦。大山は2回1死二、三塁で見逃し三振に倒れた後、2点を追う7回無死一塁で起死回生の同点2ランを放った。逆転勝利を呼び込んで破顔した。

「切り替えないとやっていけない。反省はしっかりしますけど、1日が終わったらまた次の日が来る。いつまでも引きずっていることはできない」

試合後、本人は前日も含めた過去との因果関係をやんわり否定。それでも左中間への大飛球から強烈な責任感をくみ取ったのは、記者1人だけではなかったはずだ。

続きを読む
Source: 虎チャンネル
【速報】嘘だろ!?阪神大山、衝撃の裏事実が発覚してしまう