【唖然】これマジ!?阪神矢野監督さん、不思議なトレーニング“への傾倒が止まらない





【唖然】これマジ!?阪神矢野監督さん、不思議なトレーニング“への傾倒が止まらない

2020年10月31日閲覧。  ^ “甲子園で初の成人式 阪神矢野監督「チャレンジを」”. 日刊スポーツ (2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。 ^ “コーチ”. 矢野燿大オフィシャルブログ (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。 ^ “阪神清水HC矢野監督と一心同体 星野イズムも継承に”
112キロバイト (16,114 語) – 2022年5月6日 (金) 04:05

(出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)
ヤバいな!

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/09(月) 18:22:19.75

2022.05.09 16:00  週刊ポスト
https://www.news-postseven.com/archives/20220509_1751709.html?DETAIL

(出典 www.news-postseven.com)

 開幕9連敗の悪夢からようやく抜け出しつつある阪神。しかし、球団内からは困惑の声が絶えず聞こえてくる。指揮官・矢野燿大監督(53)の“不思議なトレーニング“への傾倒が止まらないからだ。

■ビッグウェーブ連発

 5月1日の東京ドーム。敵地で巨人を3タテし、連勝を6に伸ばした阪神の矢野耀大・監督は、勝利インタビューでこう語った。

「ビッグウェーブにしていきたいですし、5月、いいスタート切れたんでね。いい形で甲子園に戻れる形を全員で作れたので、本当にビッグウェーブにしていきます」

 チームの勢いを大きな“波“にしたい──指揮官としては至極当然の発言のようだが、2度繰り返された「ビッグウェーブ」という言葉に顔をしかめた虎党は少なくない。

 親会社の阪急阪神HD(ホールディングス)関係者が重い口を開く。

「せっかく6連勝を果たした直後に、あれほどファンやOBから不審がられた『波』という言葉をわざわざ連発するなんて。歓喜に沸く阪神ファンの気持ちが複雑なものに変わっていくのが伝わってきました」

 その原因となったのは、4月15日の巨人戦での矢野監督の言動だ。1勝15敗1分の中、宿敵を本拠地・甲子園で迎え撃ったこの日、阪神はようやく今季2勝目を挙げた。

「ちょっと時間、大丈夫ですか」

 試合終了後の勝利インタビュー中にそう切り出した矢野監督は、「波」「ビッグウェーブ」などと記された謎の色紙を掲げてこう語った。

「今日、お友達の文字職人の杉浦誠司さんに来ていただいて、365枚ある札の中から漢字一文字を引き当てるんですけど、僕がチームをイメージしながら引いたのは『波』という字。潮も引いて、波が起きる。浮き沈みもあるけど、みんなで大きい波を作っていこう、それは楽しむことが一番大事じゃないか、というメッセージをもらって戦っていました」

 この日の試合前、365枚の木札の入った袋から矢野監督がくじ引きのように「波」という札を引いた。そして矢野監督と親交のある文字職人の杉浦氏が「波」をテーマに、即興で考えた応援メッセージを色紙に綴ったのだという。

 突然の「大波発言」に球団関係者は困惑していたようだ。在阪テレビ局関係者が語る。

「青柳晃洋(28)の好投と佐藤輝明(23)の本塁打で勝った試合だったのに、矢野監督は選手そっちのけで、まるで友人のメッセージのおかげで巨人を倒したような口ぶりになり、甲子園のファンに感謝する言葉もなかった。この発言に違和感を覚えた選手や関係者、ファンは多かったんです。

 しかも色紙を掲げた矢野監督の姿はテレビで生放送され、ほぼ無名である杉浦氏の名前が全国に流れた。球団関係者は火消しのため、『色紙の写真は掲載しないでほしい』とスポーツ各紙に根回ししたと報じられました」

 しかし、翌日のほとんどの在阪スポーツ紙には、矢野監督と謎の色紙の写真が掲載され、中には「奇行」と報じたメディアもあった。

■「ありがたくいただきます!」

 この日の試合前の円陣では、杉浦氏が色紙に記した「これから起こるビッグウェーブ」などの文章を大声で読み、「皆で大きな波を作っていこう!」と声を張り上げた。

 翌日の第2戦前には、「面白がれば面白がるほど面白い」と自ら記した色紙を持ち出し、円陣で「楽しむのが俺たちの野球の根本」などと声出ししたという。

「指揮官たる監督が試合前の円陣で声出しするのはレアケースですが、矢野監督は3戦目の試合前にも円陣に加わり、『ビッグウェーブを起こそう』とハッパをかけたようです」(前出・在阪テレビ局関係者)

 振り返れば、今季の矢野監督はシーズン前から奇抜な言動が目立った。

 2月のキャンプイン初日前夜には、今季限りでの退任を表明した。シーズン開幕直前に監督が「今年でやめる」と公表するのは極めて異例だ。

 2月23日、沖縄・宜野座キャンプの練習前には糸井嘉男(40)や西勇輝(31)らが中心となって、選手たちが矢野監督を3度「事前胴上げ」した。

 前代未聞のイベントに矢野監督はジャンパーを脱ぎ捨て、「ありがたくいただきます!」と嬉しそうに笑顔で選手たちに身を委ねた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

続きを読む
Source: 虎チャンネル
【唖然】これマジ!?阪神矢野監督さん、不思議なトレーニング“への傾倒が止まらない