5/7ホークス戦 これはひどい。大量16失点で3安打完封負け





5/7ホークス戦 これはひどい。大量16失点で3安打完封負け

ホークス 16 - 0 マリーンズ  5/7(土) 14:00 ZOZOマリン

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:石川  ホークス:大関

ホークススタメン
1番: 三森 (二)、2番: 牧原大 (三)、3番: 柳田 (指)、4番: グラシアル (左)、5番: 中村晃 (一)、6番: 柳町 (中)、7番: 上林 (右)、8番: 今宮 (遊)、9番: 甲斐 (捕)

マリーンズスタメン
1番: 髙部 (中)、2番: 中村奨 (二)、3番: 佐藤都 (一)、4番: 山口 (右)、5番: 菅野 (左)、6番: 安田 (三)、7番: レアード (指)、8番: エチェバリア (遊)、9番: 松川 (捕)

マリンスタジアムで行われたホークスとのデーゲーム。
先発はマリーンズが石川、ホークスが大関です。
大関は先日の対戦でプロ初勝利を献上したピッチャー。球が速く、そして重いです。打球が前に飛びません。
今日もマリーンズ打線は大関の突き押しの前に沈黙。逆電車道のごとく土俵から退場していきました。

1回表。
三森に先頭打者ホームランを打たれて1-0。
石川そりゃないよ。

2回表。
柳町セカンドゴロ、上林レフト前ヒット、今宮ライト前ヒットで1死1、3塁。
ここで甲斐がセーフティスクイズを決めて2-0となります。
スクイズできるチームがうらやましいですね。井口監督はバント大好きなのにスクイズだけはしませんから。

3回表。
牧原サード内野安打。柳田四球、グラシアルファーストゴロで1死2,3塁。
ここでロッテキラー中村晃にセンターへ2点タイムリーツーベースヒットを打たれて4-0。
また中村晃に打たれました。3割バッターの中村晃ですが、ロッテ戦の打率は5割です。
打ちすぎ税を徴収すべきです。

さらに柳町ヒットの後、上林にライトへのタイムリーヒットを打たれて5-0。
今のマリーンズに5点差を跳ね返す勢いなどあるはずがなく、あきらめて試合終了です。

4回表。
マリーンズのピッチャーは小沼。
柳田にツーベースヒットを打たれますが、グラシアルをセンターフライに打ち取りチェンジ。
抑えます。

5回表。
小沼がイニング跨ぎ。
1死1塁で上林にタイムリースリーベースヒットを打たれて6-0。
なお、小沼は6回表も登板し、3人で抑えました。
1点取られたにせよ、良く投げてくれたと思います。

8回表。
マリーンズのピッチャーは中村稔。
ツーベースと四球2つで1死満塁。
ここで柳田をファーストゴロに打ち取りますが、3塁ランナーがホームイン。7-0。
続く谷川原にセンターへのタイムリーヒットを打たれて8-0。
面白いように点が入ります。

9回表。
中村稔がイニング跨ぎで続投しましたが、大炎上しました。
柳町ツーベースヒット。
代打中谷タイムリーツーベースヒット。9-0。
今宮センター前ヒット、甲斐レフトへのタイムリーヒット。10-0。
川瀬ライトへのタイムリーツーベースヒット。11-0。
リチャード、レフトへのタイムリーツーベースヒット。13-0。
マリーンズはここでピッチャーを田中靖に交代。
しかし柳田にツーランホームランを打たれて15-0。
とどめは1死1,2塁で中村がセカンドゴロをトンネル。16-0。
ここでタイムリーエラーをしでかす中村は完全に気持ちが切れていますね。
今のチーム状態を表すエラーです。

一方のマリーンズ打線は3安打しか打てず大関の前に完封負け。
プロ初勝利の次はプロ初の完封勝利をプレゼントしてしまいました。

これが頂点を目指す井口野球か。
無様も無様。話になりません。
試合後の井口監督は「しっかり戦略は練っていったけど、(1敗は)1点差で負けるのと一緒なので明日、切り替えて頑張ります」とコメント。
戦略を練った結果が16失点の完封負けなんですから、その戦略とやらが間違っているのだと思います。
あるいは、戦略を立てた首脳陣が無能なのか。

これでマリーンズは借金7。
「一緒に映す価値無しになろうよ」と、BIGBOSSが手招きしていますよ。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング
Source: マリンブルーの風
5/7ホークス戦 これはひどい。大量16失点で3安打完封負け