5/6ホークス戦 佐々木朗希登板試合も9回に追いつかれ、延長の末負け





5/6ホークス戦 佐々木朗希登板試合も9回に追いつかれ、延長の末負け

ホークス 5 - 3 マリーンズ  5/6(金) 18:00 ZOZOマリン

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:佐々木朗希  ホークス:千賀

ホークススタメン
1番: 三森 (二)、2番: 牧原大 (三)、3番: 柳田 (指)、4番: グラシアル (左)、5番: 中村晃 (一)、6番: 柳町 (中)、7番: 上林 (右)、8番: 今宮 (遊)、9番: 甲斐 (捕)

マリーンズスタメン
1番: 髙部 (中)、2番: 中村奨 (二)、3番: 佐藤都 (一)、4番: 山口 (右)、5番: 菅野 (左)、6番: 安田 (三)、7番: レアード (指)、8番: エチェバリア (遊)、9番: 松川 (捕)

マリンスタジアムで行われたホークスとのナイトゲーム。
先発はマリーンズが佐々木朗希、ホークスが千賀です。
佐々木朗希は疲労回復のため1度抹消され、今日再登録。
しばらくは金曜日に登板するそうです。
せっかく日曜日佐々木朗希でうまく回っていたのになぜ帰るのか。
良い流れを自ら崩してしまったら、たいていロクなことになりません。

1回表。
三森ショートフライ、牧原内野安打、柳田セカンドゴロ、グラシアルライト前ヒットで2死1,2塁。
ここで中村にレフトへのヒットを打たれ、2塁ランナーがホームへ。
ここでレフト菅野がホームに素晴らしいダイレクト送球を決めランナータッチアウト。チェンジ。
得点を阻止しました。

1回裏。
高部レフト前ヒット、中村レフト前ヒットで無死1,2塁。
3番佐藤は送りバント。1死2,3塁。
しかし山口三振、菅野レフトフライでチェンジ。無得点に終わります。
それにしてもまだ初回なのに3番バッターに送りバントを指示する井口監督は何なのか。
送りバントさせないと死んでしまう病気なのでしょうか。
あまりにも消極的。そんなことだから勝てないのです。
結局バントさせても点が入っていませんし、好調の佐藤に打たせた方がマシでした。

3回表。
甲斐四球、三森三振、牧原センター前ヒット、柳田三振で2死1,2塁。
ピンチでしたがグラシアルを三振に打ち取りチェンジ。
佐々木朗希が踏ん張りました。

4回表。
中村晃サードフライも、柳町にフェンス直撃のツーベースヒットを打たれます。
上林は三振。2死2塁。
ここでロッテに強い今宮に右中間を破るタイムリーツーベースヒットを打たれて1-0。
今日の佐々木朗希は160キロ台をバンバン投げますが、制球が若干甘いようです。
ホークスに先制を許しました。

4回裏。
菅野ツーベースヒット、安田サードゴロ、レアードセンター前ヒットで無死1,3塁。
しかしエチェバリアサードゴロ。3塁ランナー動けず2死2,3塁。
松川三振でチェンジ。
ここで点が入らないのは痛い。エチェバリアにスクイズさせておけばよかったのでは。
井口監督は送りバントを多用する割にスクイズバントをしないんですよね。

5回表。
三森空振り三振、牧原空振り三振、柳田見逃し三振でチェンジ。
佐々木朗希が10個目の三振を奪いました。

5回裏。
高部ライト前ヒット、中村送りバント。佐藤四球で1死1,2塁。
ここで山口が3塁線を破るタイムリーツーベースヒットを放ち1-1。
マリーンズが同点に追いつきます。
なおも1死2,3塁で菅野。
菅野の打球はピッチャー千賀の足を直撃し、ショート後方へ転がっていきます。
これが2点タイムリー内野安打となり1-3。マリーンズが逆転に成功しました。
しかし、ここからが良くありません。
続く安田はセンターオーバーのツーベースヒットを放ち、1塁ランナーの菅野がホームを狙います。
しかしセンターからショートを中継して素晴らしい送球がホームに還ってきました。
ランナー菅野はホームタッチアウト。
ついでに3塁を狙ったバッターランナーの安田も3塁タッチアウト。
世にも珍しい8-6-2-5のゲッツーでチェンジになってしまいました。

ホークスの守備がうますぎる。
そういえば角中のフェンス直撃ゲッツーで負けた試合もホークス戦でしたね。

ロッテは先進的かつクリエイティブなゲッツーを生み出すことに命を懸けているのでしょうか。
まるでゲッツー界のスティーブ・ジョブスです。

6回裏。
ホークスのピッチャーはこの回から松本。
レアードショートゴロ、エチェバリア珍しくツーベースヒット。
しかし代打福田秀平ファーストゴロ、高部セカンドゴロでチェンジ。
チャンスを活かせません。

その後2点差のまま試合は進み、9回表。
マリーンズのピッチャーは益田。益田が抑えれば勝ちです。
しかし上林はファウルと思いきや振り逃げで出塁。
ワンバウンドしたボールがバットに当たったように見えたのですが、スローで見返すと微妙です。
マリーンズにとっては不利な判定でランナーを出しました。
続く今宮はファーストライナーも、代打中谷にレフトスタンドへのツーランホームランを浴びて3-3。
益田がリードを守り切れず、同点に追いつかれました。
村田を抜いて球団新記録の605戦登板を達成した益田ですが、全く嬉しくない記録達成となってしまいました。
阪神から移籍した中谷は2017年に20本塁打打ってるんですよね。とんだ秘密兵器がいたものです。

9回裏。
ホークスのピッチャーは又吉。
高部はファーストのエラーで出塁。
中村送りバントで1死2塁。
佐藤は敬遠で1死1,2塁。チャンスです。
しかし小川セカンドフライ、菅野ショートゴロでチェンジ。
得点できません。中村は今日2安打だったので、あっさりバントさせるのはどうなんでしょうね。
高部を走らせる選択肢はなかったのでしょうか。アウトカウントが増えてホークスは喜んだでしょう。

延長に入り11回表。
ピッチャーは田中靖。
三森ライト前ヒット、牧原の打席で三森が盗塁を決め、牧原が送りバントを決めて1死3塁。

これですよこれ。この形ですよ。
なぜ無死1塁で井口監督はランナーを盗塁させない?
盗塁できないのか?
盗塁させたくないのか?
盗塁する度胸もないのか?

1塁側、ライトスタンドのファンは、怒っています!

はい、結果が見えました。
柳田敬遠で1死1,3塁。
グラシアルにライトへのタイムリーヒットを打たれて4-3。
野村四球で1死満塁。
マリーンズはピッチャーを中村稔に交代。
柳町セカンドゴロ。2死満塁。
しかし上林の打席で中村稔が暴投。
3塁ランナーがホームイン。5-3。
あーあ。

11回裏。
ホークスのピッチャーはモイネロ。
藤原ピッチャーゴロ、高部ショートフライ、中村三振で試合終了。
せっかく逆転したのに9回表に益田が追いつかれ、延長で負けるという最悪の展開。
去年は良かったですよね。9回打ち切りでしたし。
延長戦が復活したらこんなもの。所詮ルールに守られた2位でした。

精神的にきつい負け。
こんな状態でがっかりウィーク最後の土日を迎えます。
がっかりの向こう側になにがあるのか。
怖いですねー。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング


Source: マリンブルーの風
5/6ホークス戦 佐々木朗希登板試合も9回に追いつかれ、延長の末負け