5/4ライオンズ戦 河村の勝ち運炸裂。序盤に7点リードも最後は逃げ切り勝利





5/4ライオンズ戦 河村の勝ち運炸裂。序盤に7点リードも最後は逃げ切り勝利

マリーンズ 7 - 5 ライオンズ  5/4(水)13:00 ベルーナドーム

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:河村  ライオンズ:松本

マリーンズスタメン
1番: 髙部 (左)、2番: 和田 (中)、3番: 中村奨 (二)、4番: 佐藤都 (捕)、5番: 山口 (一)、6番: 菅野 (右)、7番: レアード (指)、8番: 安田 (三)、9番: エチェバリア (遊)

ライオンズスタメン
5/4ライオンズ戦 小島またしても初勝利ならず

マリーンズ 7 - 5 ライオンズ  5/4(水)13:00 ベルーナドーム

ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

先発ピッチャー
マリーンズ:河村  ライオンズ:松本

マリーンズスタメン
1番: 髙部 (左)、2番: 和田 (中)、3番: 中村奨 (二)、4番: 佐藤都 (捕)、5番: 山口 (一)、6番: 菅野 (右)、7番: レアード (指)、8番: 安田 (三)、9番: エチェバリア (遊)

ライオンズスタメン

ベルーナドームで行われたライオンズとのデーゲーム。
先発はマリーンズが河村、ライオンズが松本です
河村は今季初先発。河村は妙な勝ち運があり、なぜか大量の援護点が入ります。期待しましょう。
なお、先日体調不良で抹消された藤原が1軍に復帰しています。

1回表。
高部四球、和田ライト前ヒット。中村三振も和田盗塁で1死2,3塁となります。
ここで佐藤がセンターにタイムリーヒットを放ち2-0。マリーンズが先制します。
さらに山口がライトにヒットを放ち1死1,2塁。
菅野がセンターにタイムリーヒットを放ち3-0。1死1,3塁。
続くレアードもレフトにタイムリーヒットを放ち4-0。1死1,3塁。
そして安田もライトにタイムリーヒットを放ち5-0。1死1,2塁。
不振にあえぐ安田にタイムリーヒットが出たのは朗報ですね。安田に必要なのは会心の当たりよりもまずヒットです。
今日は初回から5点を奪う猛攻。マリーンズが試合の主導権を握りました。

3回表。
山口サードゴロ、菅野フェンス直撃のツーベースヒット、レアードセンターフライで2死3塁。
ここで安田がセンターにタイムリーポテンヒットを放ち6-0。センターのオグレディが打球を弾く間に安田は2塁へ向かいます。
今日の安田は2打点。これで不振脱却なるか?
さらに続くエチェバリアがレフトにタイムリーヒットを放ち7-0。
これで楽勝かと思われました。

5回裏。
柘植の四球と金子のヒットで2死1,2塁。
ここでオグレディにライトにタイムリーヒットを打たれて7-2。
続く外崎にもタイムリーツーベースヒットを打たれて7-4。
山川にもレフトにタイムリーヒットを打たれて7-4。
あっという間に3点差です。

6回裏。
この回からマリーンズのピッチャーは小野。
高木三振、山田三振、柘植三振でチェンジ。
しっかりと役目を果たしました。

その後7回は東條、8回は西野がランナーを出しながらも無失点に抑え、9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。村田と並ぶ球団タイ記録の604試合登板を果たした益田ですが、調子は良くありません。
源田にツーベースヒットを打たれると、外崎にセンターへのタイムリーヒットを打たれて7-5。
2点差となります。
ただ、その後の山川をサードゴロ、中村を三振に仕留めて試合終了。
ギリギリ抑えて勝ちました。

楽勝ムードが一転。最後はあわや一打同点というところまで行きました。
連敗を2で止めたとはいえ、チーム状態はあまりよくないようです。
浮上は見込めないですね。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

ベルーナドームで行われたライオンズとのデーゲーム。
先発はマリーンズが河村、ライオンズが松本です
河村は今季初先発。河村は妙な勝ち運があり、なぜか大量の援護点が入ります。期待しましょう。
なお、先日体調不良で抹消された藤原が1軍に復帰しています。

1回表。
高部四球、和田ライト前ヒット。中村三振も和田盗塁で1死2,3塁となります。
ここで佐藤がセンターにタイムリーヒットを放ち2-0。マリーンズが先制します。
さらに山口がライトにヒットを放ち1死1,2塁。
菅野がセンターにタイムリーヒットを放ち3-0。1死1,3塁。
続くレアードもレフトにタイムリーヒットを放ち4-0。1死1,3塁。
そして安田もライトにタイムリーヒットを放ち5-0。1死1,2塁。
不振にあえぐ安田にタイムリーヒットが出たのは朗報ですね。安田に必要なのは会心の当たりよりもまずヒットです。
今日は初回から5点を奪う猛攻。マリーンズが試合の主導権を握りました。

3回表。
山口サードゴロ、菅野フェンス直撃のツーベースヒット、レアードセンターフライで2死3塁。
ここで安田がセンターにタイムリーポテンヒットを放ち6-0。センターのオグレディが打球を弾く間に安田は2塁へ向かいます。
今日の安田は2打点。これで不振脱却なるか?
さらに続くエチェバリアがレフトにタイムリーヒットを放ち7-0。
これで楽勝かと思われました。

5回裏。
柘植の四球と金子のヒットで2死1,2塁。
ここでオグレディにライトにタイムリーヒットを打たれて7-2。
続く外崎にもタイムリーツーベースヒットを打たれて7-4。
山川にもレフトにタイムリーヒットを打たれて7-4。
あっという間に3点差です。

6回裏。
この回からマリーンズのピッチャーは小野。
高木三振、山田三振、柘植三振でチェンジ。
しっかりと役目を果たしました。

その後7回は東條、8回は西野がランナーを出しながらも無失点に抑え、9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。村田と並ぶ球団タイ記録の604試合登板を果たした益田ですが、調子は良くありません。
源田にツーベースヒットを打たれると、外崎にセンターへのタイムリーヒットを打たれて7-5。
2点差となります。
ただ、その後の山川をサードゴロ、中村を三振に仕留めて試合終了。
ギリギリ抑えて勝ちました。

楽勝ムードが一転。最後はあわや一打同点というところまで行きました。
連敗を2で止めたとはいえ、チーム状態はあまりよくないようです。
浮上は見込めないですね。

【ロッテ】長身右腕の河村説人が今季初勝利 佐々木朗希級の角度でフライ量産し連敗ストップ貢献(ニッカン)

今季初先発のロッテ河村説人投手(24)が今季初勝利を挙げ、チームの連敗ストップに貢献し「勝ったので、そこは素直にうれしいです」と話した。

192センチ右腕はプレートの真ん中をどっしりと踏み、真上からの角度で勝負する。「真っすぐがフライにはなりやすいんですけど」の言葉通り、序盤は高く力ないフライを量産させ、4回までは無失点で進めた。

ところが5回に2連続で二塁打を浴びるなどし、4失点。6回以降はリリーフ陣に託した。「後半ちょっと、真っすぐを生かし切れない部分があったので。終始ちょっと、点差もあったのに慎重にいきすぎたなというのがあったので、そこは反省です」。

体のサイズは佐々木朗希投手(20)に近い。「朗希のような投球ができればいいんですけど、あれは特別なので、失点を計算できてある程度イニングを投げられるような投手に」。驚くほどのウイニングショットはないものの、角度や緩急を生かしながら、ポーカーフェースでひょうひょうと投げる。独特な感性に女性ファンも多く、この日も河村グッズを持つファンが何人もいた。

星槎道都大から入団した1年目の昨季は、シーズン終盤にはオリックスとのCSの先発候補に入ったが、敗退で出番は回ってこなかった。「投げられてたら、いい経験になってたかなと思います」と振り返りつつ、今は自分の居場所を勝ち取ることが最優先だ。「今年もそういうところで投げられるようにしたいと思います」。佐々木朗、ロメロ、石川ら先発陣は軒並み好調。キャンプイン前から体調不良で出遅れたものの、初戦でしっかりと印象付けに成功した。【金子真仁】

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング


Source: マリンブルーの風
5/4ライオンズ戦 河村の勝ち運炸裂。序盤に7点リードも最後は逃げ切り勝利