【5.7日ハム戦】内海2000投球回達成も、ルーキー2人はホロ苦試合。





【5.7日ハム戦】内海2000投球回達成も、ルーキー2人はホロ苦試合。

本日もベルーナドームで日ハム戦です。

20220507_134624

源田選手が昨日の自打球により、右足舟状骨骨挫傷との診断で抹消です。

代わりに、ルーキー中山選手がプロ初昇格となりました。

源田選手は、すぐに復帰は出来ませんので、しばらくは源田選手抜きの戦いとなりました。昨年もコロナ感染により離脱しましたが、それ以上に復帰まで時間がかかりそうです。軽度なら数週間ですが、長ければ数ヶ月要します。

山田選手がショートに入る事になりますが、そうなると内野のバックアップが不足するため、ショート、サード、ファーストなどを守る中山選手を上げました。

ブランドン、渡部、ジャンセン選手とサード、ファーストを守れる打力の高い選手が上げられる状態ではありません。中山選手は、素材型のルーキーですし、まだ小粒感はありますが、未来の大砲候補に賭ける事になりました。

ファームの内野手で最も結果を出しているのは、試合数は少ないですが、OPS1.000超えの育成の長谷川選手です。

源田選手の離脱により、本来ならコロナから復帰したら長谷川選手を支配下に昇格したい所ではありますが、不祥事があったばかりですし、今季はないとは思いますが、どうなるでしょうか。

他には育成ルーキーの滝澤選手も、まだ非力ですがセンスある打撃に守備も良いことから候補にはなります。

今後の球団の判断にも注目です。

本日のスタメンです。

Screenshot_20220507-132916~2

ルーキー中山選手が、ショートでスタメンです。

緊張もするでしょうし守備力的にも、ファースト中山選手、ショート山田選手の方が良いとは思いますが、思い切ってショートスタメンで起用しました。

おそらく、源田選手が早期復帰出来ない可能性も考えて、今の内に山田選手以外のショートを試すのだと思います。

いきなりの1軍スタメンで上沢投手相手ですので、厳しいとは思いますが、未知数だからこそ期待もしたいです。

源田選手のようには行かないのは分かっているので、自分の出来る精一杯のプレイを落ち着いて行いたいです。

先発は内海投手です。

予想通り、ルーキー古賀捕手とのバッテリーで来ました。

ファームでは、18イニング無失点と安定感ある投球を見せています。

ストレートを軸にスライダー、ツーシームでカウントを稼ぎ、チェンジアップで空振りを狙って行きます。

制球の良い投手ですが、力は衰えては来ているので、ストレートでカウントを取れるかがポイントになります。

ツーシームやスライダーで打たせて取る場面も増えそうですので、今季はエラーも多い内野陣は、今日はしっかり守って行きたいです。

【結果】

Screenshot_20220507-171423~2

内海投手の好投があり勝てる展開でしたが、内海投手降板後の6回に、ルーキー2人のミスもあり逆転されてしまいました。

高い勉強代になりましたが、その分大きく成長して勝ちに貢献出来る選手になってもらいたいです。

【投手】

Screenshot_20220507-171510~2

内海

5回3安打1失点と、ファームで結果を出している通りに好投しました。

ホームランで失点はしましたが、ピンチらしいピンチもなく、63球と球数も少なく5回を投げきりました。

基本は外中心の投球ですが、右打者へはインコースも使い抑えました。圧倒的な球があるわけではないので、外のボール球を見せてからのインコースといったように、ボール球も上手く使いながらの、流石の投球術でした。

5回を投げきった事で、

プロ野球史上92人目の、2000投球回達成です。

40歳でも投手としてやってこれるフィジカル、メンタルは素晴らしいです。おめでとうございます。

150キロ投げるわけでも、圧倒的な変化球があるわけでもなく、わずか63球で5回を投げきれる、この投球術は若い選手に教えてもらいたいです。

平井

内海投手に勝ちを付けたかったですが、逆転されてしまいました。

中山選手の捕球ミス、古賀捕手の送球判断ミスと、ルーキー2人に立て続けにミスが出てしまい、ピンチを大きく広げてしまいました。

平井投手も最近はあまり良くなく、今日もスライダーでなかなか空振りが取れなかったり、ストレートの球威もイマイチだったりと、良い時と比べると物足りない内容でした。

中山、古賀選手は、ルーキーなのでミスはしょうがないです。反省したら、萎縮せずに取り返すつもりで、次に活かすしかありません。

森脇

前の回守備ミスのあった古賀捕手が、今度はパスボールでピンチを作ってしまいました。

ただ、全体的に球が高かったですが、森脇投手が踏ん張り無失点で切り抜けています。

古賀選手はプロ初ヒットの嬉しい思い出と、守備ミスの苦い思い出と、チームとしてはミスは困りますが、古賀選手にとっては良い経験となっています。力まずに空回りせずに落ち着いてプレイしたいです。

ボー

前回は、ややスピードを落としていたからか、ゾーン内に投げ込めましたが、今日は150キロを連発するも抜けてしまい先頭に四球を出しました。

ただ、後続は抑えて無失点です。カーブとのコンビネーションで三振も取りました。

ストレートは速いですが決め球に欠けるので、緩急を使ったり、粘られても辛抱強くゾーン内に速球が投げ込めるようにしたいです。

佐野

変化球中心の投球。四球は出しましたが、スライダーを打たせて無失点で抑えました。

長所は球威あるストレートの投手でしたが、変化球中心になっています。昨年のオープン戦から開幕頃は、球威あるストレートで1軍相手でも良い投球をしていました。ただ、そこからストレートの力が戻らずに、下がって来ているのは心配です。

【野手】

Screenshot_20220507-171445~2

試合を振り返ると、

3回。

古賀選手がプロ入り初ヒットで出塁します。

オグレディのヒットで、1、3塁のチャンスを作ると、上沢投手の暴投で先制です。

古賀選手は、ファームでも右方向のヒットを良く打っていますが、ファームでやってきた事を1軍でも出せましたね。

4回。

中村選手のホームランで追加点です。

あの長嶋茂雄氏に並ぶ歴代14位タイの、通算444号のホームランです。

球史の残る大スターに並ぶ記録を持つ選手が、ライオンズにいるのは誇らしいです。

やはり先日の今季1号から、打球が上がってきました。山川選手が好調なだけに、中村選手も長打が増えると打線としては助かります。

ただその後は、たった1点差でしたが、もう少し点差があるように感じるくらい、ライオンズ打線は抑え込まれました。結局4安打と打てませんでした。

それでも、5回までは勝てる展開でしたが、6回の守備ミスから流れが相手に行ってしまいました。

個人的には、1軍は競争で勝ってきた選手を使う、勝負の場であり、育成するなら2軍でと言う考えではありますが、チーム状況的にも、経験の浅い選手も使って行かなければならない状況なので、ミスはしょうがないです。

それに、ライオンズは育てながら勝たなくてはならないチームですので、若い2人には今後に期待したいです。

ミスした2人を交代させずに、最後まで出場させた辺りは、非常に辻監督らしい采配でした。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




Source: 埼玉には何もない。
【5.7日ハム戦】内海2000投球回達成も、ルーキー2人はホロ苦試合。