元巨人のポランコを獲得





元巨人のポランコを獲得

今シーズン24本塁打しながらも巨人を自由契約になったポランコを獲得しました。

【ロッテ】前巨人のポランコ獲得「ワクワクしている」吉井監督は「ホームランたくさん打って」(ニッカン)

ロッテは27日、前巨人のグレゴリー・ポランコ外野手(31)の獲得を発表した。背番号は未定。

ポランコは「千葉ロッテマリーンズに入団することが決まり、とてもうれしいです。この機会を与えてくださった吉井監督とマリーンズの皆さまに心から感謝いたします。今シーズン、日本で一生懸命プレーしてきました。そして、また、2023年シーズンに日本に戻って来ることができ、マリーンズの一員としてファンの皆さまの前でプレーできることにワクワクしています。監督、コーチ、チームメートに早く会って一緒に野球ができることを楽しみにしています。これまで以上に最高のパフォーマンスを発揮できるよう全力を尽くすことを誓います。皆さま、一緒に日本一になりましょう!」とコメントした。

今季は巨人で開幕スタメンで出場し、球団外国人トップタイの9打数連続安打も記録した。138試合に出場し、打率2割4分1厘、58打点、24本塁打を挙げた。

吉井理人監督も「とてもいい選手。パワーがあって、大きなホームランを打っている印象。あの打撃ならパ・リーグのどこの球場でも、しっかりとスタンドインすることが出来ると思う。長打力を期待しているのでホームランをたくさん打ってチームに貢献してほしい」と期待を寄せた。

◆グレゴリー・ポランコ。1991年9月14日生まれ、ドミニカ共和国出身。セナペック高を経て09年パイレーツと契約し、14年6月にメジャーデビュー。21年の途中からブルージェイズと契約。22年に巨人入りし、推定年俸2億5000万円。17年のWBCにドミニカ共和国代表として出場。196センチ、108キロ。左投げ左打ち。

守備が下手な選手ですが、性格は良いとのことで、高木豊氏はパ・リーグ向きの選手と見ています。

高木豊氏 去就注目の巨人・ポランコは「パ・リーグ向き」 GG賞1票に「誰が入れたんだ」と憤慨(デイリー)

 元DeNAの野球解説者・高木豊氏が20日、YouTubeチャンネルに投稿。現在、去就が注目されている巨人のグレゴリー・ポランコ外野手について「獲得に動いておくべき球団はあるのか?」をテーマに、今後の動向を分析した。

 来日1年目のポランコは今季、138試合の出場で打率・240、チーム3位タイの24本塁打、58打点の成績。高木氏が「パワーもあるし、足も速いんだよ」と評するように、打撃面では一定の数字を残した一方、得点圏打率は・188と弱さを露呈。守備面力も不安視されていた。

 セ・リーグでは「本塁打の少なかった中日がどうかなあ」と話しながら、「DHがあるパ・リーグなら使えないとは思えない」と言及。「外国人選手に恵まれなかったオリックスや西武、西武でもいいよね」などと話し、「性格がよさそうだし、それって一番大事なことなんだよね。日本の野球には慣れているし、パ・リーグ向きではある」と提言した。

 また、プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」が14日、発表されたが、ポランコの1票獲得を問題視。「出てこいや、本当に。誰が入れたんだ。私が入れましたって、度胸がある人が入れたんだろうけどね」と苦笑いしながらも、「でもさ、賞は公正な目で見ないといけない。1票なんか入るわけがない」と指摘していた。

とりあえず打線の軸となる選手を一人獲得できました。
長打力がある選手をもう1人獲得してほしいです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング


Source: マリンブルーの風
元巨人のポランコを獲得